igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「忘れ物が届きます」 大崎梢



忘れ物が届きます 大崎梢

知らされていなかった真相が、時を経て、意外なきっかけから解き明かされる。多彩な趣向が楽しいミステリー珠玉集。(BOOKデータベースより)

【目次】
沙羅の実/君の歌/雪の糸/おとなりの/野バラの庭へ


結構重い話が多かった。
あるきっかけで、10年後とか20年後にその謎が解ける。
偶然だったり必然だったりするんだけど、
それが「忘れ物」なんだろうね。

最初の話のラストにビックリしちゃって。
「え?なに?どういうこと?は?」と一人であたふたとしてしまいましたが(笑)
その後の話もどれもこれも円満解決っ!とはあまりならなかったかもしれない。

どこか尾を引く終わり方。
好きですけどね。

表紙のイラストとはなんか中身が全然違うんですけど。
まぁそれはそれで仕掛けということで。
関連記事
爽やかな後味がよかったです。
読んだあと、少しだけ気持ちが軽くなりました。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
[ 2016/11/15 12:17 ] [ 編集 ]
>藍色さん。
いつもありがとうございます(〃ω〃)
藍色さんのレビューはとても丁寧で
素敵だと思います。
[ 2016/11/15 14:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

「忘れ物が届きます」大崎梢
想い出の中に取り残されていた謎をめぐる、ミステリー珠玉集。 あの事件は、結局誰が犯人で、どう解決されて、彼や彼女はどうかかわっていたのだろう──。 知らされていなかった真相が、時を経て、意外なきっかけから解き明かされる。 多彩な趣向が味わえる、五つのミステリー。 「沙羅の実」「君の歌」「雪の糸」「おとなりの」「野バラの庭へ」五編の短編集です。 ふとしたキーワードをきっかけに、あ...
[2016/11/15 12:14] 粋な提案