igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「歌舞伎町ダムド」 誉田哲也



歌舞伎町ダムド 誉田哲也

日本最大の歓楽街・新宿歌舞伎町。そこに、全裸の男女を凌辱し、惨殺することに快感を得る謎の男がいた。彼は七年前に起きた「歌舞伎町封鎖事件」でジウと出会い、自らもジウになろうとしていた。再び動き出す「新世界秩序」の陰謀、巻き込まれてゆく新宿署の東弘樹警部補、そして「歌舞伎町セブン」。『ジウ』『国境事変』『ハング』、そして『歌舞伎町セブン』、全ての物語がここに繋がるー!(BOOKデータベースより)

のっけからグロいシーンで始まります。
おぉ・・・久々の誉田節。と、そのグロシーンを読みながらも話は進む。

この本は「歌舞伎町セブン」の続きであって、さらに歌舞伎町セブンは「ジウ」のその後の物語なので、結果としてジウ3冊と歌舞伎町セブン1冊を読まないとこの話の流れにはついていけないと思うのですが。

「国境事変」には東が登場してたのでいいのですが、「ハング」とどう繋がってるんだろう。
ハングも読了済みで話の内容も一応覚えてるのですが・・・
記憶にない(^^;)

そして歌舞伎町セブンで「怪しいなー」と思ってたのはやっぱり怪しいとおりでした。
だよな。
いかにもだったので。
「いかにも」になるまでのいきさつが今回書かれてます。

この話もどうやら続くようです。
一皮むけて(?)さらに強くなったミサキと歌舞伎町セブンのメンバーが今後どうなっていくのか気になるところ。

あ。「ダムド」に関しては何も書いてなーーーい。
あれ何ですかね。
あーいうの力不足って言うんですかね。

そしてあの人も人の親になりました。
親らしき感情があったことに驚いた。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する