2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2015.04.09 (Thu)

「蟻の菜園」 柚月裕子



蟻の菜園 柚月裕子

婚活サイトを利用した連続不審死事件に関与したとして、殺人容疑がかかる円藤冬香。しかし冬香には完璧なアリバイがあり、共犯者の影も見当たらなかった。並外れた美貌をもつ冬香の人生と犯行動機に興味を抱いた週刊誌ライターの由美は、大手メディアを向こうに回して事件を追いはじめる。数奇な運命を辿る美女の過去を追って、由美は千葉・房総から福井・東尋坊へ。大藪賞作家が満を持して放つ、驚愕と慟哭の傑作サスペンス!(BOOKデータベースより)

面白かったですよー(・∀・)
最初の出だしからして、「まーーた木嶋系か」と思ったのですが、
実は全然違ってました。

犯人に同情しちゃう気持ちと、ちょっと同情出来ないよなという気持ちとあります。
いくら子供の頃にあんなひどい目に遭ったからと言って
じゃあ何の罪もない人を殺していいのかって話になる。

そういう感じでいくと、考えさせられる小説なのかも。
読んでいる間はただ面白くて、どうなるんだろうと鼻息荒く読んでましたが(笑)
ラストが少し尻すぼみかなー。
うーーーん。「私」の正体も大体そんなもんだろうなーとは思ってましたし。

「新聞では10ある真実のうち、1つの事実しか載せない。私は残りの9を書きたい」

と、言った記者の由美。
おぉ!!と思ったが、由美の章になるとトントントーーーーーンと話が進んだ。
なんだかんだで情報がっ!
上手くいきすぎじゃないか。
まぁいいけど。

佐伯シリーズの印象が強い柚月さんでしたが、こういう作品もいいですね(^^)
関連記事
08:42  |  柚月裕子  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/2686-b8811720

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |