2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2015.04.03 (Fri)

「百鬼夜行 陰」 京極夏彦



百鬼夜行 陰 京極夏彦

少女の頚を絞める白い手。あれは幻影なのか。子供への恐怖を抱える男を追いつめてゆく怪異(「小袖の手」)。『姑獲鳥の夏』から『塗仏の宴』に至る名作を彩った男たち、女たち。彼らはいかなる因果を、恐怖を、闇を、抱えていたのか。ひとの心の奥底を怪異なるものに託して名手が描く、「百鬼夜行」シリーズ初の短編集、決定版文庫。(BOOKデータベースより)

【目次】
小袖の手/文車妖妃/目目連/鬼一口/煙々羅/倩兮女/火間虫入道/襟立衣/毛倡妓/川赤子


こちらは先日読んだ「陽」よりも前の作品のサイドストーリーとやらで・・・
冷静に考えると20年も前に読んだ本書のサイドストーリーって・・・
出てるんだか出てないんだか分からない人たちが沢山出てました(笑)
分かる人もいるのですが、それはあくまでも関口というメインキャラのほかに鳥口や青木クラスの人くらいしかわからんっ!姑獲鳥なんていつ読んだのだろう(遠い目)

そして、私のよく言えば「過去は振り返らない」。
普通に言えば「すぐ忘れる」という脳内により、影も形も残ってない登場人物さんのお話でした。
これはこれで読むと楽しいです。
話しが暗いのが多く、この本にかかりきりだと暗くなってしまいそうだし短編だったので間を開けて読みました。
「毛倡妓」がお気に入りです。
なんとなく。
なんだろう。青木くんが刑事として頑張ってるからでしょうか。

私としてはやっぱりメインキャラに活躍してもらいたいなーーー。
本編はもうどのくらい読んでないんだろう。
「邪魅の雫」が2006年発行らしいのでやっぱり10年だー。
10年かぁ~。
関連記事
09:49  |  京極夏彦  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●こんばんは^0^

昔はよく小説を読んでいて家に千冊はありました(;^-^)
電車の中で読むのが楽しくて~
ブログをするようになり、読まなくなり・・・
でも読みたい本は買っておくんです。
いつか読もうと・・・今日も2冊買ってしまいました(;^-^)

私は結構怖いのとか心理的に追い詰められるのが好きですw

桃咲マルク |  2015年04月04日(土) 01:09 |  URL |  【コメント編集】

●>桃崎マルクさん。

心理的に追い詰められるのは私も好きーヽ(´∀`*)ノ
私はあまりモノに執着しないのである程度溜まると
売ってしまいます(^^;)
本を読むより料理を作れる方が人生役立ちますと
常々思ってますが、どうしても本に使う時間が多いかなー。
それでもメインは会社の昼休みです♪
igaiga |  2015年04月04日(土) 13:14 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/2682-ec8b87b8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |