igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「私の命はあなたの命より軽い」 近藤史恵



私の命はあなたの命より軽い 近藤史恵

「どうして人の命の重さには違いがあるの?」東京で初めての出産をまぢかに控えた遼子。夫の克哉が、突如、ドバイへ赴任することになったため、遼子は大阪の実家に戻り、出産をすることに。実家に帰ると、両親と妹・美和の間に、会話がないことに気がつく。そして父は新築したばかりの自宅を売却しようとしていた。実家で何があった?明らかになっていく家族を襲った出来事とはー。『サクリファイス』の著者が「命の重さ」を描く渾身ミステリー!!(BOOKデータベースより)

超~~面白かった。

最初から不穏な空気が走るし。
臨月なのにダンナがドバイ(!!)に半年の出張になり、
里帰り出産を勧められるも、久々に実家に帰ったらどーーーも自分を歓迎してない。
この家の中のギスギスとした雰囲気はなんなんだろう。

遼子とともに読み手も気になりながら進む。

で、実はこういうことだったのかーとなって
そしてラストもブラックな終わり方。

いやーん。
超面白い(〃∀〃)

テーマは重いし、不幸が巡り巡ってこうなったんだなーとラストに分かり、
そして最後は円満で終わるのね。

なーんて思ったところで足元をすくわれる。
うわーーーたまらなく好き。

やっぱり近藤さんという作家さんは何を読んでもグイグイときます。
あっという間に終わっちゃったー。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する