igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

映画「アメリカン・スナイパー」を観ました。



「アメリカン・スナイパー」を観に行きました。
アカデミー賞候補という映画を我らにしてはいち早く見たような気がします。
公開間もないので混んでたー!
ビックリだー(いつもは空いている)

旦那が好きな戦争映画なので、「面白かった」と言ってました。
それは良かった。
私も面白かったですよ。
戦争映画はどちらかというと苦手なのですが。
だって戦争映画って悲しいので。

戦地に行くと有能なスナイパーでありながら一人の父親でもある。
しかし心を戦地に置いてきたままの夫を歯がゆく思う妻。
で、アメリカって本物の赤ちゃんを使うと虐待とかなんでしたっけ?
明らかに人形使ってましたけど(^^;)

砂埃り砂嵐のシーンは、ハッキリ言って何が何だかわかりませんでした(^^;)
現実はこういうものなんだよ。
ということなのでしょうが、何も見えなくてただただ砂埃り砂嵐~。

実在の人物をモデルにした映画でして、このクリス・カイルという人は2013年に亡くなっているのです。
で、アメリカで2014年に映画公開。
一体アメリカどんだけ素早い!?
・・などと思ってましたら存命中から映画化の話は進んでいたようです。

私個人としては冷静に見ることが出来ました。
クリス・カイルという人物を知らなかったのでラストは少しビックリしましたけど。

そして主役の俳優さん。
この人だっけ?確か役作りのために18キロ太ったという人。
クリス・カイル本人にすごく似てます。
役者って凄い。
関連記事
戦争の“正義”と“恥部”をよくぞフラットに描いた作品かな~。と思いながら僕も見ました。

主役のブラッドリー・クーパーの演技は良かったですね。
[ 2015/02/24 07:16 ] [ 編集 ]
>K2さん。
家に帰ってネットで調べたらどこかで見たことが・・・と
思ってましたら、「Aチーム」のフェイス役の人だったんですねー。
全然違うっ!!驚きました。
主演男優賞を逃して残念でしたが、
映画を観ながら「これって映画(=作り物っていう意味で)なんだよなー」と思いながら見てました。
あまりにリアリティ溢れてて辛かった(;´Д`)
[ 2015/02/24 10:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する