igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「虚ろな十字架」 東野圭吾



虚ろな十字架 東野圭吾

別れた妻が殺された。もし、あのとき離婚していなければ、私はまた遺族になるところだった。東野圭吾にしか書けない圧倒的な密度と、深い思索に裏付けられた予想もつかない展開。私たちはまた、答えの出ない問いに立ち尽くす。(BOOKデータベースより)

出す出版社で書き分けしているわけではないと思うんだけど
やっぱり光文社系の色はしていると思う。
そんな作風でした。

自分たちの娘が殺され、夫婦で一緒にいるのがつらくなり離婚してそれから11年。
今度は元・妻が殺されたという。
やりきれない気持ちだと思う。
小夜子は頑張りすぎた感じがする。

娘が殺されてしまい、まぁその時は被告人も再犯だったので無事(?)死刑判決を勝ち取ることができた。
でも、全ての殺人者が死刑になるわけではない。
まぁそこらへんは私からすると「そりゃそうよねー」と思うんだけど、
被害者遺族からすると「どうして全部死刑にならないんだ」となる。
まぁ遺族からするとそう思っちゃうかもね。

で、小夜子。
とにかくその路線で突き進んでしまった。
故の悲劇。

本の中で「死刑は無力」とあった。
その部分を読んでそれはそれでもっともだと思った。
殺された人、殺した人、そして残された人。
うーーーむ。難しい。

読書メーターで「最近の東野作品は登場人物が心情もろもろすべて吐き出すので面白くない」とあった。
なるほど。「白夜行」みたいな話は最近読んでないな。
そういうのも読んでみたい。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する