2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.02.10 (Tue)

「魔術師の視線」 本多孝好



魔術師の視線 本多孝好

ビデオジャーナリスト楠瀬薫の前に突然現れた少女。それはかつて、“超能力少女”として世間を騒がせた諏訪礼だった。あの時、薫の取材で姿を消した礼が今なぜ?過去を贖うため礼を匿った薫を襲うストーカー、協力する知人の怪死、大物政治家の影。陰謀の黒幕は誰か。礼が抱える秘密とは。二人の逃避行は想定不能の結末へー心理の盲点を描き抜く驚愕のサスペンス長篇!(BOOKDデータベースより)

なんか薫が前畑滋子さんっぽいんですよね@模倣犯

なんというか、ハッキリしないというか流されている感じがするあたり。
そんな感じでジャーナリストとかやっていけるのー!?
と、読んでて心配になりましたが。

しかし、ラストの緊張感はハンパないよー。
おでんの味しないって。きっと。
なんか最後になってホラーになってきた。
怖い(^-^;)

しかし、ラスト近くの薫の母親への電話。
あれも怖い。
そういう「使い方」もあるのかと、薫の心の歪みを知った。
というか、本多さんはこのシーンを書きたかった?
薫の心のゆがみの最大限はこのシーンのため。

それであれば、この不思議な設定もわかるし、
このシーンがあるからそれまでの設定も生きるし、

そして何よりも怖い。

「ラスト」「ラスト」とさっきから書いてますが、ラストが来るまではそれほど
大した感じはしないんですけど、ラストが盛り上がるんです。

うえ~。意外と怖かった(笑)
スプラッタじゃないんだけど、心理的に後からじわじわときます。
関連記事
14:00  |  本多孝好  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/2646-be3a039b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |