igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「戦力外捜査官 姫デカ・海月千波」 似鳥鶏



戦力外捜査官 姫デカ・海月千波 似鳥鶏

警視庁捜査一課に着任したドジッ娘メガネ美少女警部・海月千波は、周囲の期待を裏切る捜査能力の低さで、配属から2日で戦力外通告を受ける。お守役の設楽恭介刑事と独自に連続放火事件を追ううち、女子大学院生殺人、さらに7年前の幼女殺害事件に辿り着くが…。凸凹コンビは犯人の壮大な復讐計画を阻止できるのか!?

それなりに面白かったですが、意外性はあまりなかった感じがしました。
メガネでドジっ娘で、あっという間に戦力外になって巻き添えを喰らった設楽刑事と2人で単独捜査を云々・・・
ってめっちゃありがちな・・・シチュエーション?
経過は別としてもこれってありがちだよなーと思いました。

でも、江藤クンのキャラが笑える。
なんだろう。
似鳥さんの作品の中では珍しいタイプが登場したなーと珍獣を見るような目つきで読みました。
彼のキャラは最高です。
また次も期待してます。
っていうか、なんなんだろう。この人w

で、捜査&推理ですが、こちらも割合と普通。
普通のミステリーでありがちな展開で楽しめました。

最後のDVだかVDだかがよく理解できませんでしたが、
まぁそのくらいはいっかなーと思ってます(←ひどい)
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する