igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「首折り男のための協奏曲」 伊坂幸太郎



首折り男のための協奏曲 伊坂幸太郎

「首折り男」に度肝を抜かれ、「初恋」に惑って「怪談」に震え、「昆虫」は覗き見され、「合コン」では泣き笑い。「悪意」が黒澤を襲い、父は子のため「復讐者」となるー全7編、胸元えぐる豪速球から消える魔球まで出し惜しみなく投じられた「ネタ」のアンサンブル!(BOOKデータベースより)

バラバラになったピースが最後にぴたっとはまってスッキリ。

・・・・という本ではありませんでした。
伊坂さんといったらスッキリという思い込みがあったので「あれ?」とは思いましたが、
それでも面白かったなー。
個人的にお気に入りは黒澤さんが登場する「月曜日から逃げろ」です。
これはテーマが「逆回転」
空き巣に入った証拠を握られてしまった黒澤さん・・・
しかし、いかんせんテーマが「逆回転」
もう一度読み返しました。
そうなるとにんまりできる話になってます。

「僕の舟」も黒澤さんが登場しますが、これはほんわか温かくなる話。

ただ、もう少し「首折り男」に関してスッキリしたかったーーーー。
というよりも、もう少しスッキリ出来るものだと思っていたので
ラストの「合コンの話」を力いっぱい読んでましたら・・・あらら。
残念です(´⌒`。)
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する