igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「心霊探偵八雲ANOTHER FILES祈りの柩」 神永学



心霊探偵八雲ANOTHER FILES祈りの柩 神永学

八雲のもとに、また幽霊騒動の相談が持ち込まれた。町の外れにある泉で、水面から這い出てきた幽霊に遭遇して以来、友人の女の子が謎の歌を歌い続けているというのだ。一方後藤刑事は、警察関係者の孫が悪霊から殺人予告を受けているという案件を調べる中、ある人物と運命の邂逅を果たす。それをきっかけに明らかになる封印された後藤の過去。そして教会で起こる密室殺人。後藤の過去と事件の真相は、人々に何をもたらすのか!?(BOOKデータベースより)

ってことで、またまたANOTHER FILES。
本編はいつでるんでしょうか。
内容を忘れかけているんだよ。

今回の外伝もまた単行本でいけば6巻以前。
やっぱり6巻を境にして物語が動き出しているので
5巻までの人物背景の方が外伝とかそういうのは作りやすいみたいですねー。

ってことで、八雲と晴香の関係性や、後藤、石井、その他もろもろ。
そういう関係が割と気楽に読めます。

しかし、事件に関しては読み終わった後に思ったんだけど、
妙に救いようのないというか。
なんだったんだろう?と思わずにはいられない。
いろいろな人が振り回されましたね。

それにしても本編ー。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する