2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014.10.03 (Fri)

「破門」 黒川博行



破門 黒川博行

映画製作への出資金を持ち逃げされたヤクザの桑原と建設コンサルタントの二宮。失踪した詐欺師を追い、邪魔なゴロツキふたりを病院送りにした桑原だったが、なんと相手は本家筋の構成員だった。組同士の込みあいに発展した修羅場で、ついに桑原も進退窮まり、生き残りを賭けた大勝負に出るがー!?疫病神コンビVS詐欺師VS本家筋。予想を裏切る展開の連続で悪党たちがシノギを削る大人気ハードボイルド・シリーズの最高到達点!!(BOOKデータベースより)

直木賞~。

そして・・・

初めまして~。

・・・の作家さんです。

しいて言えば、シリーズものであったということでした。
しかも、シリーズ4作目だか5作目って(笑)

最初はかなり巻き込まれ方の主人公なのかと思っていたら、
いやいや・・・二宮さんもかなりの変人でありましたねー。
もの凄いズボラすぎてなんというか・・・笑ってしまう。
そして、1作しか読んでないけれど、彼は天性のヒモ体質なのじゃないだろうか。

いかにもヤクザな桑原との軽妙な会話についにんまりとしてしまいます。
どの本か分からないけれど、このコンビで北朝鮮で死にそうになったみたいなので
「疫病神シリーズ」(←明らかに桑原のことと思われる)をさかのぼって読んで
みたいと思います。

しかし、なんだかんだで小清水は強運なのだろうか?
とっくにどこかの海に沈んでいてもおかしくないのに、
なんだかんだで息をしているようです。
関連記事
13:26  |  黒川博行  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●読メ

igaigaさん、「ナイス」ありがとう~!

疫病神シリーズというだけあって、二宮と桑原はお互いのことを「疫病神」と思ってるようです(笑)

二宮って、いつも巻き込まれてるスタンスだけど、実は金に汚いですよね?
単細胞の桑原の方が、人間的には許せる気がする。
北朝鮮のお話も面白そうですが、ヤクザの話でしょう~?
なんだか躊躇してしまいます(;´Д`)

小清水もお歳の割にしぶといですよね。
chikura |  2014年10月14日(火) 18:17 |  URL |  【コメント編集】

●>chikuraさん。

私はヤクザものも結構平気ですが、
シリーズものを途中から読むというのが
結構苦痛でしたが(笑)
このシリーズの何が出発点か分からず。
そして、とりあえず直木賞~と思って手に取りました♪

桑原のほうが許せますか??
なんでー?
ってことは過去シリーズ遡ります。
なんとなくワクワクしてきました(〃∇〃)
igaiga |  2014年10月15日(水) 06:45 |  URL |  【コメント編集】

北朝鮮に行ったのはシリーズ2作目の「国境」ですね。1作目はその名の通り「疫病神」です。
黒川博行の特徴はテンポのいい桑原との掛け合いですが
シリーズ通しての題材は桑原のしのぎです。
なので期間をおかずつめてシリーズをよんでしまうと結局は舞台を変えた同じ話となりマンネリに陥ります。間をあけて読むことを勧めますね。

二宮のいる事務所の大正というところは私の最初の勤め先があったところで 今は大阪ドーム球場があるところです。大学の友人が住んでいたところで人よりも出入りする機会が多かった場所ですがあまりほめられたところではありません。
今はどうなっているかわかりませんが少し歩いたところには昔ながらの色街もあるような不思議な街です。
バックスクリーン三連発 |  2014年10月15日(水) 16:45 |  URL |  【コメント編集】

●>バックスクリーン三連発さん。

バックスクリーン三連発さんは黒川作品を
好まれて読んでいるんですよねー。
参考にさせていただいてます♪

「国境」ですか。
それを読みたい。とにかく読みたい。
ここから読んでしまったからにはもう順番なんて正直どうでもいいかなと思ってます。
マンネリというか、場所だけ違ってやること同じという雰囲気になるのでしたらやっぱり少し間を開けながら読んでみます(。・ω・。)ゞ
igaiga |  2014年10月16日(木) 11:25 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/2548-2551bc83

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |