igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「だから荒野」 桐野夏生



だから荒野 桐野夏生

46歳の誕生日。身勝手な夫や息子たちと決別し、主婦・朋美は1200キロの旅路へー「家族」という荒野を生きる孤独と希望を描き切った桐野文学の最高峰!(BOOKデータベースより)

とっても面白かったです。
桐野さん好きだからなー。

でも、昔の桐野さんだったらもっとめちゃめちゃに書くかな。
なんても考えたりしましたが(笑)
ラストが意外に綺麗というか、爽やかで驚きました。

ミロシリーズだったらこうはならないだろう( ̄ω ̄*)
ミロシリーズ読みたいなー。
今、ミロはどこで何をやってるんだろう?(笑)

みんな自分勝手で、読んでて「図太いほう方が勝ちだな」と思った。
夫の母親なんてその最高潮。
嫁が出て行ったとわかったら、そそくさと家に入り、ご飯を作ってもてなす。
大音量でテレビをつけ、息子と同じ部屋で寝ようとし、
朝は大音量の目覚ましで起きる(笑)

ひどすぎるwww

46歳専業主婦。
初めての逃避行。

でも、あのダンナだったら本当、家出したくなるのもわかる。
それ以前に夫婦であることが信じられない。
最初に家出した妻に向かってのメールがあれじゃあねぇ・・・・

そこからのあのラスト。
人間、いい人ばかりじゃないけれど、そうそう悪い人ばかりじゃないということなのかな。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する