igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「房子という女」 富樫倫太郎



房子という女 富樫倫太郎

最愛の姉の死が、シリアルキラーの狂気を呼び覚ました。SROを翻弄する最凶の殺人鬼・近藤房子。その戦慄の半生を語り始めるー。SROが炙り出したモンスターの知られざる過去が明らかに!シリーズ最新刊。(BOOKデータベースより)

ほんっと。
安定の房子おばちゃんです。

時系としては「キラークィーン」のその後。
銃弾を腹に2発もくらっても、やっぱり死なない房子おばちゃん。
でも、絶対安静の入院中。

生い立ちを知ることが、事件の解決になるとかそんなことを室長が言いまして。
ミイラ女になってしまった可哀想な麗子とともに話を聞きに行きました。

ってことで、房子おばちゃん自らを語るという・・・

読んで思ったのが、ダンナの近藤一郎もそれなりに房子と結婚するに値する変態だったということかな。
最初は、本当に房子に引っ張られているだけのシモベかなにかかと思っていたんだけど、
いやいやいやいや・・・

変態でした(。・ω・。)

ドラマでは戸田恵子さんだったのねー。
私のイメージはどうしても名取裕子さん。

それにしても面白いシリーズです。
早く続き読みたいなー。
尾形さんもなんかね・・・
気になる終わり方だったし・・・

関連記事
igaigaさんお久しぶり~
私もこれ読みました!はずせないですよね^^
いやぁ面白かった
名取裕子さん、わかる~
私は女優さんでは思い描いていないんだけど、言われると確かにイメージあいますね。
[ 2014/08/04 17:16 ] [ 編集 ]
>HappyFlowerPopさん。
めっちゃ久しぶりです~。
でも、このシリーズの房子おばちゃんのキャラが強すぎて、SROのメンツも確か濃いはずだったよなーと思うくらいおばちゃんの威力に負けそう(笑)

やっぱりなんていうか、取り乱さないところなのかなー。
読んでて面白いですね。
「作り物」とわかっているからですが(^^;)
[ 2014/08/05 08:19 ] [ 編集 ]
面白そうv-10
[ 2014/08/05 13:20 ] [ 編集 ]
>hikokichiさん。

e-420このシリーズ大好きなのですe-420
[ 2014/08/05 14:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する