igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「ヘルたん」 愛川晶



ヘルたん 愛川晶

元引きこもりの神原淳は、浅草に住む成瀬老人宅の居候となる。そこで出会ったヘルパーは、淳が高校時代に恋していた不良先輩・中本葉月。成瀬は実は伝説の名探偵で、淳はヘルパー講習の傍ら、探偵見習いも務めるはめに…。推理と介護のフュージョン。新機軸の青春本格ミステリ。(BOOKデータベースより)

【目次】
パルティアン・ショット/ミラー・ツイン/シュガー・スポット


今まで読んだ愛川作品の中で一番面白かったです。


でもこれで3冊目(。・ω・。)ゞ


前に読んだ「六月六日生まれの天使」以来遠ざかってました。
なので、このイメージ↑のままこの本を手に取りましたので・・・

ヘルたん
   ↓
   ↓
   ↓
「デリヘル」の「ヘル」かと(。・ω・。)ゞ

ヘルパーさんでした。

ヘルパーさんよー。
普段我が家がとてもお世話になっているヘルパーさん。
そのお仕事が結構細かく書かれてまして。
「やってはいけないこと」とか。
訪問先で「トイレも借りてはダメ」らしい。
こういうのって知らないけれど、この間姑に「一緒にヘルパーさんもお昼食べないの?」と聞いたら、「食べるとクビになるって」と言ってました。

わたしが仕事に行っている間に来ていただくヘルパーさんなので
ぶっちゃけ、普段会うことがないのですが、身につまされます。ほんとに(^^;)


「物語」としてはやや消化不良的な所があるんだけど、
大家さんのボケ具合とか、淳が仕事できすぎとか。
葉月のこと、猫のこと、なんかあれもこれも気になる感じだったんですが、
でも、ヘルパーさんの仕事が少し理解できたかなと。
読んでよかった。
関連記事
ああっ、toi8さんの絵!?
・・・すみません、表紙絵に飛びついて。
大好きなもので。
ヘルパーさん、これからお世話になるだろうけど、どこに依頼すれば良いのかとか、どんな感じなのかとか、まったく知識がありません。
ミステリー読みながら、そんなことも分かって行けるなら、よけいに良いですね。
あまり書店で本を選ばないので表紙買いってやったこと無いんですが、これは買ってしまうかも^^;
[ 2014/08/07 07:47 ] [ 編集 ]
>limeさん。
有名な方~!?
スミマセン。わたしあまり分からないんですが(^^;)
綺麗な絵を描かれる人ですね。
表紙買いというのはほとんどしませんが、
タイトルで買っちゃう場合は結構あります。

ヘルパーさんを個人で頼むという前に
ケアマネさんを頼むことになりますからねー。
でも、本当に助かります(^^)
[ 2014/08/07 08:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する