igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「東京自叙伝」 奥泉光



東京自叙伝 奥泉光

明治維新から第2次世界大戦、バブル崩壊から地下鉄サリン事件に秋葉原通り魔殺人、福島第1原発事故まで、帝都トーキョウに暗躍した、謎の男の無責任一代記!史実の裏側に、滅亡する東京を予言する、一気読み必至の待望の長編小説!!(BOOKデータベースより)

時間がとてもとてもかかりました。

表紙にこのネズミがいたときには、前に読んだ「神器 軍艦『橿原』殺人事件」
に登場したネズミがまた出てくるのかと思って楽しみにしてたんですが・・・残念。

あのネズミは面白かったんだけどなー。

こちらは「東京」の地縛霊ならぬ「地霊」。
土地の霊が時代を超えて人とかネズミとかに憑りついて
その時々の時代を踏まえながら時を重ねていくのです。
江戸時代から、現代まで。
それまで、東京で起きた事件とともに書かれているので
面白いは面白いんだけど、読んでて疲れるのも確か。
会話がほとんどなくて「東京」が一人で回想しながら
喋っているようなものです。

バブルの時代やら、地下鉄サリンやら、秋葉原連続殺傷など
その時代の注目すべき事柄をかなり皮肉を聞かせた痛烈な
形でかいてます。
原発についてもしかり。

読書メーターで他の方も書かれてましたが、
前半と後半では物語の空気感が違うというかねー。
ラスト2~3ページなんて「東京」に対する皮肉がハンパなかったです。

いやいやいや・・・・。

なかなか強烈な本でした。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する