igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「さようならオレンジ」 岩城けい



さようならオレンジ 岩城けい

オーストラリアの田舎町に流れてきたアフリカ難民サリマは、夫に逃げられ、精肉作業場で働きつつ二人の息子を育てている。母語の読み書きすらままならない彼女は、職業訓練学校で英語を学びはじめる。そこには、自分の夢をなかばあきらめ夫について渡豪した日本人女性「ハリネズミ」との出会いが待っていた。第29回太宰治賞受賞作。(BOOKデータベースより)

オーストラリアだったのか(笑)
読み終わってブログ打ち込むときに気づいたよー。
てっきりイギリスかと・・・。

じわじわと面白いんだけど、
ぐっとくるという感じでもなく。

読み終わったあとじんわり来る感じ。

でも、なんとなく夕焼けが見える。
まぁ、まるっきり表紙のイメージでしょうけれど(笑)

次男くんがよかったね。
長男くんにもそういうチャンスがあればよかったかもしれないけれど。

異国で生きていくのは本当に大変なんだよなー。
ハッキリ言って本屋大賞にノミネートされなかったら手に取らなかったジャンルの本です。
なので、出会いに感謝ですね。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する