igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「ホテルローヤル」 桜木紫乃



ホテルローヤル 桜木紫乃

恋人から投稿ヌード写真撮影に誘われた女性店員、「人格者だが不能」の貧乏寺住職の妻、舅との同居で夫と肌を合わせる時間がない専業主婦、親に家出された女子高生と、妻の浮気に耐える高校教師、働かない十歳年下の夫を持つホテルの清掃係の女性、ホテル経営者も複雑な事情を抱え…。(BOOKデータベースより)

【目次】
シャッターチャンス/本日開店/えっち屋/バブルバス/せんせえ/星を見ていた/ギフト


直木賞~(´∀`)

しかし、読んで思った。
直木賞を選考するメンバーってこういうスタイルの本を書く人が好きなのかな?と。
物語の内容云々じゃなくて、
現代のどうしようもない状態から、本当はこういう時代もあったんだよ。という
過去へ遡っていく様は、そのまんま「私の男」@桜庭一樹さん第138回直木賞受賞作。

あの父娘か、ラブホかの違いかというそんな感じ。

こっちはホテルなのでホテルの話を。
といっても、ホテルローヤルが中心になっている話しでもないんだよねー。
ただ、ちらりと脇役に登場するくらい。
その時代時代の人間関係があらわになる感じがして読んでて面白かったは
面白かったのですが、どことなく暗い。

そこはラブホさん、独特の雰囲気もあるのですかねー。
ちょっとこう、一本脇道にそれた所にあるような建物。
そして、ここに描かれた人間関係もちょっと脇道に入ってしまった人たちの物語と言うべきかしら?
関連記事
やっとコメント入れれますぅぅぅ
なかなか読書してないので・・・やっと・・・
このホテルローヤルは読んでましたよ!!
浅田次郎さんのプリズンホテルが大好きだったので
買ってに笑えて泣ける小説かと思っていたんですが
暗かったですね
運命に翻弄される人を傍から眺めるだけしかない
歯がゆさが残りました・・・
九州は梅雨入りしたみたいですよ
[ 2014/06/02 22:47 ] [ 編集 ]
>玉茶丸さん。
ありがとうございます~・゚・(ノД`;)・゚・
気を使っていただきました。
こちらもなかなか忙しくて心のゆとりがありません(笑)
会社の昼休みに本を読んでいる時だけが至福の時かもっ(爆)

浅田さんのプリズンホテルはいいですよね~。
あれは大切に家にあります。
こちらは梅雨入り前の猛暑です。
暑くてしにそー(笑)
[ 2014/06/03 08:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する