2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014.05.30 (Fri)

「お父さんと伊藤さん」 中澤日菜子



お父さんと伊藤さん 中澤日菜子 

娘と彼氏の狭い同棲部屋で始まったぎこちない共同生活。すれ違って生きてきた父と娘に心通じあえる日は?第8回小説現代長編新人賞受賞。誰にでも起こりうる家族問題を笑いと緊張の絶妙なタッチで描くデビュー作!(BOOKデータベースより)

もちろん、タイトルで借りました(笑)
図書館で借りたのですが、超目立つこのタイトルとオレンジ一色の表紙。

中身も結構ユーモラスで主人公が少し脱力な感じがまたいいんだけど。
いきなり登場した「お父さん」
主人公の兄夫婦と同居していたけれど、兄の嫁とうまくいかなくなってしまい突然登場。

・・・って・・・

自分だったらこれは勘弁してもらいたいと思った。
なんて思った人が多々いるに違いない。
そう思います。
だってだって。
キツい。
今までの生活ペースが崩れるし。
第一、彩(主人公)には54歳の同棲相手の「伊藤さん」がいるんだし。
うわ~。イヤすぎるかも。

でも、そこはなんか今時の女性らしく、適当にかわして適当に相手をして過ごす。
けれどー。
問題が起きたりして。
現代的なテーマです。
ほんと。介護とか老人とかねー。
ありますし。
ラストはうまくいきすぎな感じがしましたけれど、
実際もっと苦労している人はいるだろうし。
それでも、「物語」として読む分にはとても面白い1冊でした。

スプーンの謎だけは残りました。
後で読んだ方教えてー。

そして、私の中の脳内では伊藤さんはELTの伊藤さん(笑)
なんか、飄々とした雰囲気とか似てます。
関連記事
09:37  |  その他な行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

先日は銀二貫のコメを書きましたが、同じ作者のみをつくし献立帖を読みました。おいしそうな料理と香気溢れる随筆、感心しました。
ゆうしゃケン |  2014年05月30日(金) 15:58 |  URL |  【コメント編集】

●>ゆうしゃケンさん。

結構人気のあるシリーズみたいですよね。
どーれどれ。
わたしも読んでみようかなー。
読んでみたくなりました(^^)
igaiga |  2014年05月31日(土) 08:50 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/2463-a5af35cd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |