igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「謎の放課後 学校のミステリー」  アンソロジー



謎の放課後

放課後。それは学生たちがいちばん自由でいられる時間。授業を終えた彼らの日常には、いろんな謎があふれてる。屋根の上を闊歩する少年、とびきりおいしいココアの淹れ方、廊下で忽然と消えた泥棒、部員獲得のための演劇勝負、名探偵と一緒にまわる学園祭。はやみねかおる、東川篤哉、米澤穂信、初野晴、恒川光太郎という人気作家5人が、彩りゆたかな学校のミステリーで競演。豪華執筆陣でおくる、傑作短編アンソロジー!(BOOKデータベースより)

【目次】
後夜祭で、つかまえて(はやみねかおる)/霧ケ峰涼の屈辱(東川篤哉)/おいしいココアの作り方(米澤穂信)/退出ゲーム(初野晴)/屋根猩猩(恒川光太郎)


なんか、いろいろと残念。
と、いうのも5作中3作はすでに読了済みだったー。
残り、2作は作者さんそのものが初めましての人でした。

でも、米沢さんの小市民シリーズなんてどんだけ昔なんだー!
この本そのものは割合と新しいので、
謎の放課後傑作選というワケか・・・

この小市民シリーズの「おいしいココアの作り方」はぜーーーったいやらない!
久々に読んでさらにそう誓いました(笑)

はやみねかおるさんの作品は、なんか初々しい感じもしました。
あー純粋な女の子だねぇ~。
恒川さんの作品は、結構気の強い女の子だねぇ~。


しかしやっぱりハルチカが一番面白かった。
関連記事
こちら、まだ私読んでない本なのですが…

もしかしてネタバレしちゃったのって『女学生探偵』ですか???( ´Д`)
す、すいません( ̄Д ̄;)

こっちは読んでたのですが…
悔やまれる(T-T)
[ 2014/05/09 21:37 ] [ 編集 ]
>かりんトウさん。
そうなんですよ~Σ(|||▽||| )
あの作家バカなんじゃないのーーー!!
と、泣いてます(笑)
泣いてもしょうがないので読み終わったら
すぐアクロイド突入します(笑)
[ 2014/05/10 08:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する