igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「プロメテウスの涙」 乾ルカ



プロメテウスの涙 乾ルカ

激しい発作に襲われる少女・あや香。米国の医療刑務所で、終わりなき地獄の責め苦を受ける不死の死刑囚。時空を超えて二人をつなぐ運命の桎梏とは(BOOKデータベースより)

hikokichiさんのブログで紹介されてまして(^^)
それがなかったら読めないであろうこのインパクトの強すぎる表紙(笑)

読んでみると確かにこういう表紙の話ではあるんだけど、
まぁ乾さん独特のグロさを出しながら、でも読みやすい。
そう。
読みやすいんだよねー。
なんだろう。どんどんと先に進みたくなります。

途中まで行くと、これはもしかしてこういう風につながっていくのじゃないかと予想はつくんだけど、それでも先に進みたい。
面白いんです。

涼子のだらしなさや面倒くささみたいなのも妙に共感出来たりして(笑)
こういうところで共感しちゃいかんのよね。と思うんだけど、
急ぎの内容の返信メールを送らないといけないのに、一度パソコンを消すと
また起動するのがとても面倒で「明日にしよう」とか。
そういう細かい事なんだけど、むちゃくちゃわかります(笑)

そんな涼子の共感できる日常があったからこそ、
荒唐無稽すぎる内容をすいすいと読めたのか・・・?
内容としてはファンタジーだよなー。これは。

ホラーではないけれど、少しグロい。
グロファンタジー・・・?
どんなジャンルだ(笑)
関連記事
こんばんは。

さっそく読んでいただけましたね(^^)

やっぱり表紙で損してますかね。

新ジャンルということで(笑)
[ 2014/04/08 20:43 ] [ 編集 ]
>hikokichiさん。
とても面白かったです。
でも、表紙が・・・(笑)
誰かの推薦とか感想がないと表紙で躊躇してしまう作品でしたね。
なんでこの表紙なんだろう。
インパクトは強いですが(笑)
[ 2014/04/09 14:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する