2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.02.28 (Fri)

「卯月の雪のレター・レター」 相沢沙呼



卯月の雪のレター・レター 相沢沙呼

小袖は読書が好きなおとなしい高校生。法事で祖父のもとを訪ねた際に、従妹から奇妙な質問をされる。「死んだ人から、手紙って来ると思う?」祖父宛に最近届いた手紙は不可解な内容だったが、六年前に亡くなった祖母が昔に書いたもののようだ。それがなぜいまごろになって?誰かの悪戯なの?思い悩んだ小袖は、その手紙の謎をある人物に話すことに…。表題作をはじめ、揺れ動く少女たちの心理を巧みに描いた、鮎川賞作家の最新短編集。(BOOKデータベースより)

【目次】
小生意気リゲット/こそどろストレイ/チョコレートに、躍る指/狼少女の帰還/卯月の雪のレター・レター


男性作家なんだよなー。
今までは作者さんの異常ともいえる太ももへの愛があるので「もしかしてこの人男性?」と思っていたけど、
こうして「太もも愛封印」すると女性作家?と思っちゃうくらい女性の気持ちを書くのが上手いなーと思いました。

好みは表題作の「卯月の雪のレター・レター」です。
祖父と祖母の昔の恋文か・・・と、思っていたらあら~ん。
ここは流石に相沢さん。
何気なく仕込んできたな。
ただのいい話に終わらせないあたりが好きですが、
岬さんって誰?
いきなり登場してしまって・・・
ちょっと「???」と思ったりしました。

しかし、男性作家なんだよなー(くどい 笑)
なんで女性心理(特に高校生くらい)が上手いんだろう!?
関連記事
08:27  |  相沢沙呼  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/1372-c23a09bd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |