igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「千年ジュリエット」 初野晴



千年ジュリエット 初野晴

清水南高校、文化祭間近、晴れの舞台を前に、吹奏楽部の元気少女・穂村チカと、残念系美少年の上条ハルタも、練習に力が入る。そんな中、チカとハルタの憧れのひと、草壁先生に女性の来客が。奇抜な恰好だが音楽センスは抜群な彼女と、先生が共有する謎とは?(「エデンの谷」)ほか、文化祭で巻き起こる、笑って泣ける事件の数々。頭脳派ハルタと行動派チカは謎を解けるのか?青春ミステリの必読書、“ハルチカ”シリーズ第4弾!(BOOKデータベースより)

【目次】
イントロダクション/エデンの谷/失踪ヘビーロッカー/決闘戯曲/千年ジュリエット


相変わらずテーマは重い(^^;)
そしてハルチカは安定の軽さ(笑)
このギャップがねー。今回もなかなかでした。

清水南高校の面々が面白すぎます。
小ネタがいちいち細かく笑ってしまいます。

主要参考文献で「阿川佐和子のこの人に会いたい 第811回デーモン閣下」
とあった。

うーーーーむ。

深い(笑)

どこで使われたかは大体想像がつきますが。

今回は1冊丸ごと文化祭ということで、吹奏楽の演奏シーンはほとんどなかったのですが、
それでも吹奏楽部の仲の良さなどは伝わってきます。
しかし、いかんせんハルチカ以外のテーマが重く、
素直に「いい読了感だった・・・」と言いにくいのがつらいところです。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する