2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.12.19 (Thu)

「公安捜査官柳原明日香女狐」 黒崎視音



公安捜査官柳原明日香女狐 黒崎視音

視察、秘撮、秘聴…とりわけ追尾能力に異能を発揮する公安部第一課の柳原明日香は、その冷徹な仕事ぶりから“公一の女狐”と畏れられていた。しかし、居並ぶ幹部の前で一本の秘聴テープを聴かされ愕然とする。自身の情事のあられもない喘ぎ声だった。ハニートラップ!?一体だれが何のために?降格され汚辱と屈辱にまみれた明日香は、自分を貶めた者たちへの復讐を沈着冷徹に遂行する。(BOOKデータベースより)

相変わらず謎深き公安ですねー。
こういう警察小説を読んでいると公安たる組織って・・・?
わたしの永遠のテーマになりそうです。

前に読んだ「捜査一課係長柳原明日香」の前の作品。
元々明日香は公安だったんだけど、公安を追われて刑事部に行ったわけですが、
そうなったキッカケの本。

面白いですね。
読書メーターでもありましたが、
「尾行はこうして巻くんです」の巻。
ただし、一般人向けではないよね。

「あなたの尾行気づいちゃった。うふ」

という風にするので、ストーカーとかそういうタイプに
これを使ってはいけないなーと思ったのです。

そしてこういうことがあって、次作の「捜査一課係長柳原明日香」に続くんですねー。
ってことは次に出る本は「捜査一課課長柳原明日香」とかなんとか
いちいち階級をつけてフルネームで登場する作品かな。

しかし、明日香の方が爽子よりは完璧に好きだ。
女性主人公物はこうでなくちゃ。
関連記事
10:45  |  黒崎視音  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/1308-8525a525

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |