igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「昨夜のカレー、明日のパン」 木皿泉



昨夜のカレー、明日のパン 木皿泉

悲しいのに、幸せな気持ちにもなれるのだー。七年前、二十五才という若さであっけなく亡くなってしまった一樹。結婚からたった二年で遺されてしまった嫁テツコと、一緒に暮らし続ける一樹の父・ギフは、まわりの人々とともにゆるゆると彼の死を受け入れていく。なにげない日々の中にちりばめられた、「コトバ」の力がじんわり心にしみてくる人気脚本家がはじめて綴った連作長編小説。(BOOKデータベースより)

【目次】ムムム/パワースポット/山ガール/虎尾/魔法のカード/夕子/男子会/一樹


明らかに普段だったら手に取らない本でございます(笑)
借り物の本ですが、たまにこういう本を読むのもいいのかもしれない。
そう思った1冊。

7年前に病気で夫を亡くしたテツコ。
その後もずっと義父と暮らしているんだけど、
その微妙なゆるさがいいかも。
おたがいの距離感とかとてもよかったです。

まぁ実際こういう距離感で穏やかに過ごせるというのは
あまりないでしょうが(笑)

どの話も結構好きですねー。
今現在、テツコに彼がいるという設定に少し驚きました。
まぁ7年だしね。
前に進んでいくようです。

最後の一樹とテツコの出会いがとても好きだった。
水玉の傘が2人を引き寄せた。
なんか不思議ー。

滅多に読まないタイプの本ですが、
こういう本を読むと心がほっこりします。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する