2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.10.23 (Wed)

「沈黙の町で」 奥田英朗



沈黙の町で 奥田英朗

中学二年生の名倉祐一が部室の屋上から転落し、死亡した。屋上には五人の足跡が残されていた。事故か?自殺か?それとも…。やがて祐一がいじめを受けていたことが明らかになり、同級生二人が逮捕、二人が補導される。閑静な地方都市で起きた一人の中学生の死をめぐり、静かな波紋がひろがっていく。被害者家族や加害者とされる少年とその親、学校、警察などさまざまな視点から描き出される傑作長篇サスペンス。(BOOKデータベースより)

超面白かったです!!

私に飲酒の習慣がなかったらもっと早くに読み終わっていただろうというくらい
のめり込みました(でも夜は飲む)

最初の出だしを読むと「ソロモンの偽証」を思い出します。
沈黙の町でを読んだ後にソロモンの偽証を読むときっと逆に思う方も
いるかも。そのくらい一緒です。

中学2年の男子生徒が転落死する。
季節が暑いか寒いかの違いくらいじゃないかと。

最初にテニス部の4人が逮捕&補導されてしまい、
私も「こいつらがいじめたんだな」とすっかり騙される。
クラスメイトや先生が「彼らは違う」と言っても
そんなこと言ったって、いじめの証拠があるじゃないかと思う。

でも、そこから話が違ってきて・・・

いや~読みごたえありました。
この死んだ男の子もちょっとクセのある子というか・・・
私だったら絶対関わりたくないであろうタイプです。
正直な子が本当にバカを見てしまう今の世の中。

他の方の読メの感想とか読むとラストが気に入らないみたいですが、
私としてはこうなってしまった以上、こういうラストでも
別にありかと思います。
名倉くんの死の真相が分かっただけでもいいかと。
こういう問題っていうのは、それこそ1~2か月で終わる問題でもない。

大満足の1冊でした。
関連記事
21:44  |  奥田英朗  |  トラックバック(1)  |  コメント(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんばんわ~!

一押しの本ですか(^O^)/
読んでみたくなりました(*^_^*)

アハ(笑)一緒ですね(^O^)/
私もビールやお酒が大好き(^_^;)
晩酌の日は、他のことはできなくなってしまいます^^;
でも美味しくお酒を飲めるのは最高ですね(^_-)-☆

ぺこ★ぺこ |  2013年10月24日(木) 21:05 |  URL |  【コメント編集】

●>ぺこ★ぺこさん。

もう殆どアル中ですね(^^;)
まぁ毎日のお酒の為に生きていると言っても
過言ではないという・・・(笑)
楽しくお酒を呑んで読書できる幸せ~(〃∀〃)
igaiga |  2013年10月25日(金) 09:17 |  URL |  【コメント編集】

すごく読みたくなりました!

買いに行きます(笑)

奥田さんは何冊か持っています♪
こうして感想を読むと買いたくなるわね╰(✿´⌣`✿)╯

ありがとうございます♪
桃咲マルク |  2013年10月26日(土) 00:30 |  URL |  【コメント編集】

●>桃崎マルクさん。

ありがとうございます(〃ω〃)
結構厚い本です。
わたし・・・借りました(笑)
でも、本当に読みごたえあると言いますか
のめり込みました(^^)
igaiga |  2013年10月26日(土) 08:24 |  URL |  【コメント編集】

ども。
そうですねぇ〜大人をひっかき回しますねぇ〜
何ともいえない全編に漂う重苦しいこの雰囲気、、
読み進むにつれこちらの体力も奪われるような気が( ̄▽ ̄;)
奥田作品は読後すぐに次回作を期待させる魔力がありますね!
mizzo |  2013年10月29日(火) 00:50 |  URL |  【コメント編集】

●>mizzoさん。

私はまだ未読本がたーくさんありますので(^^)
過去に戻ります(笑)
とりあえず読みたいなーといつも思っているのが
「無理」と「最悪」です。
なんか心そそられる~。
igaiga |  2013年10月30日(水) 14:53 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/1276-42e7d713

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

沈黙の町で

☆☆☆+ 著者:奥田英朗 販売元:朝日新聞出版 発売日:2012/2/7 内容(「BOOK」データベースより) 中学二年生の名倉祐一が部室の屋上から転落し、死亡した。屋上には五人の足跡が残されていた。事故か?自殺か?それとも…。被害者家族や加害者とされる少年とその親、学校、警察などさまざまな視点から描き出される傑作長篇サスペンス。 新聞書評をはじめ、おのずと目にした読者批評から読後感の悪さ、...
2013/10/29(火) 00:51:52 | rokurokudo

▲PageTop

 | BLOGTOP |