igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「煽動者」 石持浅海



煽動者 石持浅海

無血主義を貫くテロ組織に隠された謎。これぞ閉鎖状況ミステリーの傑作(BOOKデータベースより)

地味なテロリスト・・・(´・ω・`)

やっぱりテロの道も一歩からなのか?
海外で辛い目にあい、政府を信じられなくなって反政府組織に入った片桐。
春日というコードネームで組織で活躍しているんだけど。
なんか地味。
まぁそういうテロ集団だから仕方ないんだけど。

地味だー

どうやら「攪乱者」という本もシリーズでさらに先に出ているみたいです。
そちらを先に読むと更に楽しめるらしい。

テロリストとして組織で活動しているのに、その中で殺人が起きてしまって、
クローズドサークルのようになる。

石持さんの本ってラストが尻すぼみだったり、
動機がどう考えてもあり得なかったりするんだけど、
この本はそうでもなかった。
もしくは、わたしの石持作品に対するハードルが下がったか?


最後の一行と、実はこれはシリーズものと考えると
育恵ちゃんって・・・?
と、思う。
攪乱者読んでみたい。
どういう風なんだろう。
確実に地味だろうけど(。・ω・。)

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する