igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「再会」 横関大



再会 横関大

小学校卒業の直前、悲しい記憶とともに拳銃をタイムカプセルに封じ込めた幼なじみ四人組。23年後、各々の道を歩んでいた彼らはある殺人事件をきっかけに再会する。わかっていることは一つだけ。四人の中に、拳銃を掘り出した人間がいる。繋がった過去と現在の事件の真相とは。第56回江戸川乱歩賞受賞作。(BOOKデータベースより)

乱歩賞~(´∀`)

しかもドラマ化にもなったようです。
登場人物が少なく読みやすかったのですが、
登場人物が「意識して」嘘をつくので、その嘘に引きずられてしまいました。

23年前と現在。
23年前に小学生だった彼ら。
4人だけで秘密のタイムカプセルを作り、校舎へ埋めた。
その中に入れた拳銃。
父の形見の拳銃だったけど、
その拳銃がタイムカプセルの中から消えた。

どう考えても4人の中の誰かなんだけど、
みんな一斉に消えてた事実に驚く。

確実に1人以上は嘘ついているのに。

と、なかなか面白かったです。
まぁ・・・万引きはしちゃダメだね。
なんでこんなことになったんだろう?と、
振り返ったとき、
うん。万引きはしちゃダメなのよ。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する