igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「ダウン・バイ・ロー」 深町秋生



ダウン・バイ・ロー 深町秋生

衰退を続ける地方都市に倦く女子高生・響子の目の前で、幼馴染の遙が電車に飛び込み自殺する。以来、響子の耳には死んだ遙の悲痛な囁きが聞こえてくる。続いて起こる児童惨殺と飼い犬殺し、男友達の失踪。ついに牙を剥く荒んだ町の暗部の正体は?渇いたバイオレンスの深町節が炸裂する書下ろしミステリー。(BOOKデータベースより)

深町作品にしては珍しく、普通の田舎の女子高生が主人公。
結局遥の死の真相がハッキリわからなかった。
わたしだけかもしれないけど・・・
電車に飛び込んだのは事実なんだけど、
引き金ってなんだったんだろう??
ちゃんと読んだつもりだったんだけどな・・・

田舎な感じがなんかすごく出てたなー。
妙に理解できる。
っていうか、隣の県だし。
理解できるのも当然かも。

普通の女子高生が主人公ってことで、ちょっと鈍くさかったりするワケなんです。
ただの女子高生の飛び込み自殺かと思っていたら
意外と話が大きくなりましてビックリ。
そして、脇役のあの人の扱いは「きっと殺されただろう」「生きているとは思えない」という
扱いで、しかも最後死体すら確認してもらえないという・・・(^^;)
本当に脇役なんだなーと少し気の毒になりました(笑)
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する