igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「僕だけのヒーロー」 上村佑



僕だけのヒーロー 上村佑

大人気シリーズ『守護天使』の上村佑が贈る、父と子の奇想天外アクション(!?)小説。ある日突然、父さんが12年ぶりに帰ってきた。僕が5歳の時に消えた父さんは今まで刑務所に入っていたという・・・。引きこもりの17歳の息子を前科持ちの父親が、酒に競馬に風俗に、と引きずり回す。あげく暴走族に乗り込んだかと思ったら人助けを始めてみたり。ただ息子にとってこの父親は、正真正銘の勇者だった・・・。ダメダメ親子が贈る、感動の世直し小説(BOOKデータベースより)

自分の父親だったら勘弁してください。

という小説。

これはあくまでも「他人のお父さん」だからこそ無責任に楽しめる本です。
自分の父親だったらショックのあまり自殺しそう(笑)
12年ぶりに刑務所から出所した父親があまりに破天荒なのに、
それに対応できるヤマトって・・・凄いのかなんなのか(笑)
軽くひいてしまいました(^^;)


この父親は自分の父親だったら絶対ダメーなタイプの人です。
自分のものを勝手に着るは履くは(しかも未使用のものばかり)、
お気に入りの記念コインでタバコは買うわ。
貯金を我が物のように使い、しかも使い先はバクチ。
更に負けてるし(--;)

マユミちゃんのお店のおでんがとても美味しそうで
一体どんなダシを使っているんだろう?と、ちょっとばかり
不安ではありますが、おでんの美味しい季節になってきたな~
なんて思いながら読み終わりました。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する