igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「ルピナス探偵団の憂愁」 津原泰水



ルピナス探偵団の憂愁 津原泰水

高校時代「ルピナス探偵団」と称して様々な謎解きに関わった三人の少女と少年一人。だが卒業から数年後に、一人が不治の病で世を去った、奇妙な小径の謎を残してー。探偵団最後の事件を描く第一話「百合の木陰」から卒業式前夜に発生した殺人事件の謎に挑む第四話「慈悲の花園」まで、時間を遡って少女探偵団の“その後”を描く、津原泰水にしか書き得ない青春探偵小説の傑作。(BOOKデータベースより)

【目次】
百合の木陰/犬には歓迎されざる/初めての密室/慈悲の花園


とりあえず第一話で4人のうちの1人が死ぬシーンから始まる。
このころ、彩子たちは25歳になってて、2話目では大学生、3話目も大学生、
4話目がルピナス時代。
そんな感じで遡っていくんだけど、1話目で1人が死んでるから
なんっかその後もさみしい気持ちがつきまとってしまった1冊。

個人的に好きなのは2話目の「犬には歓迎されざる」です。
なんとなく、一番推理小説っぽいので(^^)

庚午さんがキャリアでいつの間にか不二子の上司になってたりしたのには笑えましたが、
なんかこうどことなく暗くさみしい雰囲気のまま終わった1冊でした。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する