igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「土方歳三無頼控 バラガキ参上」 潮美瑶

  

土方歳三無頼控 バラガキ参上 潮美瑤

連作短篇捕物帖刊行! ! 第一話「石田散薬」ゲンさん、ソウジ、蘭方医ホウシュン登場。第二話「槍突き」大飯喰らい槍の名人サノスケ、酒豪剣豪シンパチ登場。第三話「留守番」実力ナンバーワン、無双の剣客ハジメ登場。――いきで、いなせで、めっぽう強い、役者はだしのいい男。江戸のプロファイラー・トシが難事件に挑む! ! 青春真っ只中、トシゾウの颯爽たる活躍(BOOKデータベースより)

土方さんの試衛館時代の物語。
このBOOKデータベース・・・
何を言いたいのか全く意味不明(笑)

沖田総司が土方さんの兄弟子になってますが・・・(^^;)
実際そうなのかな?沖田の場合は記録が圧倒的に少ないから何が正しいのか
分からないんですよねー。

石田散薬で薬を売り歩いている土方さんが、周りで起きる殺人事件を解決するのです。
読んでて面白かった。
一番の心配だった土方さんの人となりも、私が想像しているとおりの土方さんだったし
沖田総司もイメージ通り。

なんか、この本を読んでたら試衛館時代が一番幸せだったんじゃないか・・・
なんて思ってしまいました(ノ_<)
試衛館時代なのでもちろん、近藤勇、井上源三郎も登場。
そして永倉新八、原田左之助、斉藤一も途中登場。

読んでて楽しくなりました。
確かに新選組なのに、新選組結成前の話なので読んでても妙に新鮮なんですよね。
関連記事
何やら面白そうな話じゃないですかっ。
試衛館時代の話なんですね〜。山南さんは登場するのだろうか……。

総司くんは幼い頃に試衛館に預けられているんですよね。
土方さんは18歳で入門しているので、そのときには既に総司くんがいたということにはなりますけどね。
だから兄弟子という設定にしたのかも。
確か浪士組参加者を募ったときも、近藤さん、総司くんに試衛館を任せようとしてましたもんね。

近藤さんは新選組局長になってから人が変わった気がする。
[ 2013/09/21 06:18 ] [ 編集 ]
>ゆきさん。
どうなるんでしょう???
斉藤一も最後の方になって登場してましたので・・・
山南さん・・・
わたしは土方さん以外では実は斉藤一が好きだったりします。
なんだかんだで長生きしているし(笑)
[ 2013/09/21 08:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する