2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.08.31 (Sat)

「明日の色」 新野剛志

こちらの地方紙で連載していた新野剛志さんの新聞小説「明日の色」が8月30日で終わりました。

明日の色


内容としては、妻にも見放されたさえないオヤジが自分の生まれた土地にギャラリーを開いてそこからいろいろと頑張る物語です。

さえないオジサン→吾郎っていうんだけど、吾郎は最初「リバーハウス」というホームレス一歩手前の人たちが住む施設の施設長だったんだけど、いろいろあって退職。
その施設にいた若き魁多に絵の才能があると思い、自分が以前住んでいた下町の商店街にギャラリーを作る!と奮闘する物語です。

1年近く続きましたが、実際は1年未満なので割と短い話かな?
新野さん初めましてなのですが、1年かけて新聞小説を読んだ感想としては「あまり波風たたなかったな」という感じ。

それなりにあっちやこっちでトラブルは起こるんだけど、それでもなんとなく解決しちゃう。
それも下町という名の力かな。

スカイツリーが見えるはずの商店街。
時期的には今ちょうどスカイツリーも作っているという頃です。
亀澤裕也さんの挿絵もかわいらしく朝読むのにぴったりな小説だったかもしれません(^^)
関連記事
08:56  |  新聞小説  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんばんは。
初コメントさせていただきます。

作者を「新庄剛志」と読み間違ってしまい、
「本まで書くんだ。凄いなぁ」
と感心してしまいました(笑)

挿絵も懐かしい感じがして読んでみたくなっちゃいました。
読んでない本が25冊くらいあるので先の話ですが(笑)

igaigaさんが読む本はひそかに参考にさせてもらってます。
感想も大好きです。
またお邪魔させてください(*^_^*)
ゆっこ |  2013年09月01日(日) 22:10 |  URL |  【コメント編集】

●>ゆっこさん。

いや、私も最初思ってました(笑)
「新庄すげー。本まで書いている」と。
しかし、違ってました。
そりゃそうですよね。
そうそう何足もわらじはねぇ。

ってことで、違う人だったのですが、
こちらは新聞小説です。地域によってまだ連載している所もあるかも。
なので、書籍化はもう少し先かもしれません。
本屋さんに並んだら「あー。あの時のだな」と思っていただけたら嬉しいです。

ブログにいらしていただいて嬉しいです(^^)
ランキングもやめたので地味に更新・・・の予定です♪
また遊びに来てくださいね。
igaiga |  2013年09月02日(月) 09:56 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/1244-ebdfaa54

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |