igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「珈琲店タレーランの事件簿(2)」 岡崎琢磨



珈琲店タレーランの事件簿2 岡崎琢磨

京都の街にひっそりと佇む珈琲店“タレーラン”に、頭脳明晰な女性バリスタ・切間美星の妹、美空が夏季休暇を利用してやってきた。外見も性格も正反対の美星と美空は、常連客のアオヤマとともに、タレーランに持ち込まれる“日常の謎”を解決していく。人に会いに来たと言っていた美空だったが、様子がおかしい、と美星が言い出して…。姉妹の幼い頃の秘密が、大事件を引き起こす。(BOOKデータベースより)

嫌いではないんだけど、なんだろう??この無理矢理なこじつけ感は・・・。
今回、美星の妹である美空が登場するんだけど、
すごーーくテンションの高い妹だった(笑)
アオヤマさんって、確か1作目では・・・ラストたしか・・・だったのに、
2作目でも普通に客として遊びに来てましたね(笑)

いろいろと伏線は張られてましたが、実はあまり気付かないです。

もし、メールでたった1文字「」と、送られて来たら・・・
何だと思いますか?
ヒントは場所です(この本の舞台は京都)

まぁ私だったらこの場所にはたどり着けませんが( ̄∇ ̄*)ゞ

今回は恋愛にまつわるトラブルが多かったタレーランでしたが、
この分で行くともう1~2冊出るかも。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する