igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「百年法(下)」 山田宗樹



百年法 山田宗樹

不老不死が実現した社会。しかし、法律により100年後に死ななければならないー“生存制限法”により、100年目の死に向き合うことになった日本。“死の強制”をつかさどる者、それを受け入れる者、抗う者、死を迎える者を見送る者…自ら選んだ人生の結末が目の前に迫ったとき、忘れかけていた生の実感と死の恐怖が、この国を覆う。その先に、新たに生きる希望を見出すことができるのか!?構想10年。最高傑作誕生。(BOOKデータベースより)

図書館に下巻ありましたのv(* ̄▽ ̄*)

よかったーーー!!!
結果として一気読みしました。
他の方も言われているのですが、厚い割には読むのに時間がかからない♪
なんてスッテキ(〃∇〃)
会話が多いからかな。
さくさくっと終わっちゃいました。
別に感動するとか泣けるとかじゃないんだけど、
清々しいです。
「大統領指令ゼロ号」を発動したときなんて今までのモヤモヤが解消された感じです。

百年法(上)」の感想で私が書きました
「仁科蘭子の息子、下巻でも活躍するよね」

と・・と・・とんでもないっ!!
主役さまでございました∑(゚□゚*川
主役さまに、た・・・た・・・大変失礼をっ!

そして120年生きられる「百年法」の結末が・・・
・・・ということにちょっと驚きましたが、
うまくまとめた感じもします。
やっぱり人間欲張っちゃダメなのよ。

なんとなくそう思ったり。
私だったら、健康で120年も生きたら飽きちゃいそうだけど。
まぁ限りある人生だからそう思っちゃうのかも。
人生80年、すでに折り返し地点ですが(^-^;)、
今日も楽しく生きたいですね。
関連記事
これ気になってた本です。
面白そうですね^^
読みたい本に追加しますー。
[ 2013/07/14 12:07 ] [ 編集 ]
この本は、本屋大賞9位だけあって(ちょっと低い!?)だけあって、
人に勧めたくなる一冊ですね(o^∇^o)

もし「百年法」が実際に存在したら、こういう社会になるんだろうなって思いながら読んでました。
なんか変にリアリティがあるというか・・・。
自分なら30~35歳ぐらいで手術受けるかなぁとか色々考えちゃいますね。

これは上・下巻一気読みしなきゃウソでしょう!
[ 2013/07/14 22:54 ] [ 編集 ]
>こゆりすさん。
厚いんですけど、割とさくさくと読みました。
これからの暑い時期、のんびりと読書されたい時間などに
是非どうそ(^^)
なんかうまくまとめたーーー!!と思っちゃったので
オススメです。
[ 2013/07/15 07:12 ] [ 編集 ]
>すすさん。
やっぱり女性は20代ですかね(爆)
面白かったですねー。
こうなるとやっぱり「生きる」ことに固執しちゃうんですね。
確かに死ぬということは、分からないことだし
怖いし、不安だし。
しかし・・・ってことでの百年法。
面白かったです。
いい本をよみました(^^)
[ 2013/07/15 07:14 ] [ 編集 ]
よくよく最初に書いてはるあらすじをみると、戦後間も無くそんなことされてるんですよね?
戦争の記憶のあるものが120歳まで若さを保って生きていられるとなると、合衆国への復讐に生涯をかける人とかがでてきてもよさそう。
違う方向の話になってても不思議ではないのにね。


[ 2013/07/15 13:48 ] [ 編集 ]
>カテンベさん。
確かに!!!
戦後まもなくなんですよ。
なので、今回登場する人物は戦争を経験した人もいるんですよねー。
確かにそういうアメリカに復讐というシーンはありませんでしたが、
韓国製が優秀みたいなシーンはありました。
ふむふむ。
[ 2013/07/15 21:44 ] [ 編集 ]
お初コメントさせて頂きます。
せっかく不老不死なのにたった百年!?と思いましたが、男性では平均寿命が79歳で、そこから更に20年も生きれるのなら十分すぎる位ですね・・・。まだ20年生きていない僕ですが、これまでの人生はそれなりに長く感じてるので。百年法、読んでみたく思います!
では、また。
[ 2013/07/15 23:51 ] [ 編集 ]
>ミサラさん。
まだ20年生きてないんですか~。
う・・・羨ましすぎますっ!!(〃∀〃)
30歳過ぎるとメチャメチャ早く感じますよ~。
この間正月が来たと思っていたのに、
もう真夏!?とか思うようになります(^^;)
小学生の時とか時間進むの遅かったなー。
なんて思ってます。
[ 2013/07/16 08:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する