2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.07.13 (Sat)

「百年法(上)」 山田宗樹



百年法 山田宗樹

原爆が6発落とされた日本。敗戦の絶望の中、国はアメリカ発の不老技術“HAVI”を導入した。すがりつくように“永遠の若さ”を得た日本国民。しかし、世代交代を促すため、不老処置を受けた者は100年後に死ななければならないという法律“生存制限法”も併せて成立していた。そして、西暦2048年。実際には訪れることはないと思っていた100年目の“死の強制”が、いよいよ間近に迫っていた。経済衰退、少子高齢化、格差社会…国難を迎えるこの国に捧げる、衝撃の問題作。(BOOKデータベースより)

珍しく上巻だけでのブログアップです。
私のこだわりは、上下巻ものは1冊とする。

それはあくまでも手元に2冊ある場合でございます。

・・・
・・・

下巻読みたいーーーーーーー!!(ノ◇≦。)


今日これから返却のために図書館に行きます。
どうか下巻がありますように(-人-)
家-会社-図書館という順番なので、
仕事帰りに図書館によるのが少し面倒になりまして、
予約とか一切しなくなりました。
あるとこ勝負です。


ってことで、こちらの本ですが、
20歳になるとHAVIとかいう見た目は年を取らない手術を受けられるのです。
でも、見た目は20~30代でも年齢は100歳オーバー。
もう人間多すぎ!!ってことでの「百年法

HAVI受けて100年経ったら死んで♪

という法律なのです。
老衰がないこの世の中、まだまだ体は若い120歳たち。
そうそう死を受けいられられるものではありません。
しかし、そうなるとぬるま湯につかろうとする人たち(大統領特例があるのです)
逃げようとする人たち。
いろいろです。

超おもしろいんだけど。

下巻下巻♪
遊佐とかどうなってるんだろう。
あと仁科蘭子の息子。
彼は絶対下巻でも活躍するよね。


図書館に行ってなかったら下巻だけ買いそうです(^^;)
関連記事
08:34  |  山田宗樹  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

私も、そのあとどうなるのか知りたいです!
・・・って、オチを聞くのは、ずるいですよね。
すごく面白いテーマ。
どうやって終わらせるんだろう・・・。
lime |  2013年07月13日(土) 08:46 |  URL |  【コメント編集】

●おもしろそうですね〜

身体は大丈夫でも、あたまはボケボケ。てなりかねないようにも思えるのにね
長く健康に生きていると生き甲斐が重要になってきそうですね(^^)
そんな人に死が迫るとどうなるんでしょうね?
カテンベ |  2013年07月13日(土) 14:03 |  URL |  【コメント編集】

コメント書こう!って思ったのですが、
下巻のオチを書いてしまいそうなので止めておきます(^_^;)
下巻、早く手元に来るといいですね。
くりきんとん99 |  2013年07月13日(土) 19:00 |  URL |  【コメント編集】

●>limeさん。

図書館に下巻があり喜んで借りてきました。
まぁ上巻わたし持ってますからね(^^;)
あると考えたほうが普通です(延滞だけ怖かった)
一気読みしてスッキリです。
さすがに本屋大賞ノミネート作!!そう思いました(^^)
igaiga |  2013年07月14日(日) 08:49 |  URL |  【コメント編集】

●>カテンベさん。

体が悪いから認知症の類って発症しないみたいですね。
そういえば。
うん。そうだった。
しかし、病気にはなる、事故もあり、自殺もある。
そういう世の中ですねー。
120年も生きたら絶対うんざりしそうですが(^^;)
下巻も読みました。本日UPいたします(^^)
igaiga |  2013年07月14日(日) 08:50 |  URL |  【コメント編集】

●>くりきんとん99さん。

下巻がありましてねー。
よかった。延滞だけが怖かった。
上巻私もっているのでよっぽどじゃない限りあるだろうなと
思ってましたがよかった。
一気に読み終えました。
なかなかスッキリでうまいなと思いましたね(^^)
igaiga |  2013年07月14日(日) 08:51 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/1196-e942ef4b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |