igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「更年期少女」 真梨幸子



更年期少女 真梨幸子

池袋のフレンチレストランに集まったのは、往年の人気少女漫画「青い瞳のジャンヌ」をこよなく愛する「青い六人会」。無様に飾り立てた中年女性たちが、互いを怪しい名前で呼び合い少女漫画話と噂話をするだけの定例会だったはずが…。いつのまにやらメンバーの度重なる失踪、事故死、腐乱死体発見!ヒロインになりたい女たちの、暴走ミステリ。(BOOKデータベースより)

強烈だ(笑)

40代~50代のおばさまたちの暴走というのは怖い。
お互いをハンドルネームで呼び、実生活はどうであれ、サークルでは上流貴族さながら振る舞う。

しかしそこは池袋www

想像をしたら気絶しそうになりました(´⌒`。)

着飾って会で5000円もするランチを食べ、カラオケに行き(爆)、
いかにも楽しく過ごしているようだけど、
一旦、家に帰るとそこでは各々さまざますぎる人生が待っている。

ミレーユの話はインパクト強かった。
ミレーユ本人も悪いけど、母親もかなり甘やかしてしまってたんだねー。
なんだか・・・この人に関しては全てがイライラしどおしでした。
きっとここだけ妙にリアルだからかも。

ジゼルはちょっと気の毒でしたけどね。
それにしても女の人が夢中になってしまうと歯止めが利かなくなるのかしら?
男性だとこうはならないっていうのはなんでだろう?
面白く読みました。
表紙も面白い。
表と裏表紙。
あらら現実が。

ラストの参考文献もまた強烈でした。
福岡の看護師が4人で連続殺人を行った事件がありましたが、
そちらを参考にしてこの作品が出来たようです。
関連記事
面白そうですね。
グロイ系はキライじゃないんですが、「フジコ」が苦手な私でも大丈夫でしょうか?
想像ですが、桐野夏生さんの「OUT」の上流社会版みたいな感じ??
だとしたら読んでみたいかも。
ものは試しで、予約してみたいと思います!
[ 2013/07/09 16:45 ] [ 編集 ]
すごいすごい!
このタイトル、この表紙、さらにあらすじの強烈さ。
ものすごい気になります。

今たまたま池袋に用事で居たのですが、私世代の居場所があるようには見えず(笑)
用事がなければ近づかない場所だと思っていました。
そうか、自由な街だから、ちょっとおばさんが暴走してもいいのかな。
いや、ちょっとではなさそうですね^^
[ 2013/07/09 20:08 ] [ 編集 ]
ミレーユさんの話は強烈でした
しかも、こういう関係の親子って現実にもかなりいそうな気がします。

現実とネットでの落差が他人事じゃないんじゃとヒヤッとさせられました
リアルでは暴走しないようにしたいです(>_< )
[ 2013/07/09 21:50 ] [ 編集 ]
>chikuraさん。
グロくはないですが、イヤミスですね。
真梨さんはイヤミス系なのでイヤ~な感じがあります。
フジコとはちょっと違いますが、
真梨さんカラーは出てると思います。
よろしければ是非(〃∀〃)
[ 2013/07/10 09:34 ] [ 編集 ]
>ごろちゃんさん。
強烈でしょ~(笑)
そして、裏表紙もまた気絶したくなりそうなくらい強烈です(笑)
「ひゃーー!!なにこのおばちゃんたち!!」
と、思ってたら思い切り同年代だったことに我ながら引いてしまいました。
なるほど・・・世間的には私もこの人たちのナッカマー(・∀・)
・・・なのかと(笑)
ハンドルネームと実生活のギャップがありすぎて笑えますが悲しくもありました。
[ 2013/07/10 09:36 ] [ 編集 ]
>猫科とらねこさん。
読了後すぐに猫科とらねこさんのブログに行きました(´∀`)
真梨さんカラー全開の傑作というかイヤミスというか・・・
そうすると最初にウエイターが言ってた「1人だけ黒木瞳みたいなの」っていうのはジゼルだったのかなー。なんて思ってます。
あれがこうしてこうだったので。

リアルは水面下にて大人しくしてます。わたしも(。・ω・。)
[ 2013/07/10 09:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する