2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.05.21 (Tue)

「虚栄の肖像」 北森鴻



虚栄の肖像 北森鴻

舞い込んだ不思議な仕事。墓前での奇妙な花宴。そこで依頼されたのは肖像画の修復。報酬は、桜を活けた古備前というが…表題作ほか、藤田嗣治の修復を依頼された佐月が偶然、十五年前に別れた恋人に再会する「葡萄と乳房」。暁斎の孫弟子らしき謎の絵師を探るうちに思わぬ真実が立ち現れる、書き下ろし「秘画師遺聞」の全三篇。北森ワールドに浸る絵画修復ミステリー傑作連作短篇集。(BOOKデータベースより)

【目次】
虚栄の肖像/葡萄と乳房/秘画師遺聞



佐月シリーズというか、このシリーズ2作目ですが、北森さんと言ったら冬狐堂さんというくらい、メインキャストの冬狐堂さんもちらり登場します。
この本に登場する冬狐堂さんは妙に怪しい女になっているのですが・・・。
なんでだろう??

そして2作目にしていまだに佐月さんの人物像がよくわからん。
全くつかめない。
謎すぎる。

でも、やっぱり「修復」「絵画」「贋作」とか出てくると北森作品を読んでいるなと思います。
絵に対する執念って面白いんですよね。読んでて。
絵具や薬剤から時代を追っていく。
そして、その時代で使われるはずのない薬剤→贋作となるわけですが、
そういう所へ持っていくところが面白い。

今回は佐月さんが過去に付き合っていた恋人も登場するんですが、
恋人が登場してもなお
「佐月さんが恋愛?見えねーー」
なんて思ってしまうのでした(´・ω・`)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ     banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
06:55  |  北森鴻  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/1163-eb5a7c40

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |