igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「初陣 隠蔽捜査3.5」 今野敏



初陣 隠蔽捜査3.5 今野敏

警視庁刑事部長を務めるキャリア、伊丹俊太郎。彼が壁にぶつかったとき頼りにするのは、幼なじみで同期の竜崎伸也だ。原理原則を貫く男が愛想なく告げる一言が、いつも伊丹を救ってくれる。ある日、誤認逮捕が起きたという報に接した伊丹は、困難な状況を打開するため、大森署署長の竜崎に意見を求める(「冤罪」)。『隠蔽捜査』シリーズをさらに深く味わえる、スピン・オフ短篇集。(BOOKデータベースより)

【目次】(「BOOK」データベースより)
指揮/初陣/休暇/懲戒/病欠/冤罪/試練/静観


竜崎の幼馴染で同期でキャリアな伊丹目線のスピンアウト。

・・・はいいけど・・・

伊丹ってこんなに仕事できないっけ?(´・ω・`)
なんとなく、竜崎の引き立て役というか・・・
短編で伊丹目線であるにもかかわらず、
竜崎の良さを引き立てるだけの人みたいです。
残念。
しかし、人間味にあふれ、計算もできる伊丹という人間に共感が持てます。
察庁(さっちょう)=薩長に繋がっているとは今回初めて知りました。
そうなの??
そうなのーーー???

今でも和解してない両県のようですが(これは事実)
早く公式に和解する日が来ることを祈ってます。
やっぱりね、生まれた土地というだけで差別されるのはおかしいし悲しいです。

しかし、やっぱりこのシリーズは竜崎が主役じゃないと面白くないね(笑)
伊丹でもいいけど、竜崎が支点となることで痛快さが増します。
そういう事もあるので、次は竜崎の視点でもあるので
先が楽しみ。
そして、反抗してインフルエンザを受けてない戸高。
予想通りの行動で笑った。
そして、インフルエンザにも関わらず、出社してくる伊丹はやっぱり
分かってないなーと思うのでした。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ     banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
こんばんは きみやすです。

>伊丹ってこんなに仕事できないっけ?(´・ω・`)

ですよね~~。
彼のキャリアのはずなのに・・・
本当にこの作品読んでいると
伊丹=のび太くん、竜崎=ドラえもんに見えてきてしまって(笑)

それでは またお邪魔しまーす。
[ 2013/05/03 20:33 ] [ 編集 ]
>きみやすさん。
伊丹=のび太くん、
竜崎=ドラえもん

確かに!!!(爆)
困ったときに「ねぇドラえもん助けて~」
の世界でしたよね。
もっと伊丹は仕事できるはずなんですよね。

そう思ってました(^^)
[ 2013/05/04 05:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する