igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「SRO(5) ボディファーム」 富樫倫太郎



SRO ボディファーム 富樫倫太郎

本性を隠し潜伏生活を送っていた“最凶の殺人鬼”近藤房子が再び動き出した。巧みに変装しながら捜査の目をかいくぐり、残虐な殺人を重ねる。焦った警視庁上層部は、房子が執着するSRO副室長の芝原麗子を囮に逮捕せよと、室長の山根新九郎に迫るのだがー。(BOOKデータベースより)

おもしろーーーーーーーーーいっ!!!

本当に面白いのです。
奇数巻ってことで、房子おばちゃんが生き生きと活躍します(笑)
主婦だからか、包丁の使い方がうまいことっ(爆)
何というか、刺されとか撃たれとかだと経験がなかったりでイマイチ痛みも分かりませんが、私でも痛みのわかる拷問シーンがありました。

顏に画びょう12個(--;)

これは想像できる(経験はないけど)
房子おばちゃん1人に翻弄されるSROのメンバー。
そんなキャリア集団の中に異動してきた坊屋久美子@巡査部長(ってことはヒラ?)
こうして登場した坊屋の役割ってもしかして・・・
なんて思っていたら、私の想像とは違う役割でございました。
そうか・・・

今回はハリーの活躍が少なくいろいろと残念でしたが、
物語的には本当に面白く、そして次へ向かう予告みたいなのも気がかりで、
次は偶数巻か~。
まぁ房子おばちゃんもアレだし、でもやっぱり気になるっ!!!

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ    banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
読んでみたい
このシリーズおもしろそうですね!
パート1から見てみたいと思います
[ 2013/04/06 17:29 ] [ 編集 ]
先ほど、読み終わりました。
面白かったですね~。それにしてもSROは大敗って感じでした。次で挽回できるのか?はわかりませんが。もしかして、今までみたいに次は全く関係ない話になるのでしょうか・・。
画鋲攻撃、顔をしかめながら読みました。足の裏に刺さったことはありますけど、顔って!頬とかならまだ我慢できそうですけど、おでこ付近は痛そう(泣)きれいな状態で保存したいくせに、顔を傷つけてどうするんだ!?と突っ込みいれてしまいました。
・・ってここに色々書いたら、自分のブログで感想書けなくなる~(苦笑)そろそろ止めておきます。
[ 2013/04/06 21:26 ] [ 編集 ]
>Keitaさん。
少し興奮しすぎたレビューになりましたが(笑)、
このシリーズを読んでいる人はみんな面白いと言っているので
Keitaさんもお気に召してくれると思います。
キャリアばかりの集団なのになんか変です(笑)
私の一押しはハリーですので是非ハリーをよろしく♪
[ 2013/04/07 10:48 ] [ 編集 ]
>DONAさん。
画びょう、私は小学生の時にお尻に刺したことはあります。
(いたずらの標的 TT)
顔は肉が少ない分キツいだろうな~と。
そう思ったのですが。
しかしおばちゃん1人にキャリア軍団ダメじゃないですか~。
ハリーもあまり活躍せずがっかりです。はい。
次はやっぱり別の方向に行きそうですが・・・
まだ房子おばちゃんで引っ張りますかしら???
[ 2013/04/07 10:50 ] [ 編集 ]
すごい、igaigaさん、論理爆弾のエントリー以降、全部読みたい! 眠れなくなるミステリーが読みたいなーと探してたところでしたので。

ところでボディーファームはけっこうグロいんですか?
拷問系の描写って苦手なんです。あとあとまで思い出しちゃって。でも面白そうなので読みたいし・・・
映画で嫌いなシーンで目をつむるみたいに、飛ばし読みするとかどうかなぁ・・・
[ 2013/04/07 11:52 ] [ 編集 ]
>Hana.Hiraさん。
おぉーーー!!!
ありがとうございますっ(〃∇〃)
グロいというか・・・
私はグロ慣れしているのであれですが・・・
奇数巻は死体がバラバラになることが多いかもしれません(^^;)
でも、本当にドキドキワクワクなシリーズなので
読んでくれると嬉しいです♪
[ 2013/04/07 15:18 ] [ 編集 ]
よ〜やく読みました!

しかしこのシリーズもいつの間にか i g a 隊長に先を越されてる(≧▽≦*)

で、遅ればせながらの感想...房子さんもパワーダウン気味とはいえ凄いですが、

今回はあのエンディングに尽きるのでは*:・゚\( ̄(エ) ̄*)
[ 2013/04/20 22:27 ] [ 編集 ]
>mizzoさん。
そうそう。
mizzoさんが3まで読んでから私が侵入(?)したのですよ~(^^)
お先に失礼しました。
っていうか、たまたま書店で発見したもので(〃∇〃)
房子おばちゃんもね~1人で永遠にキラークイーンやられたら
キャリアの面子がっ!!

・・・

とうにつぶされてますかしら??
しかし、あのいかにも「続きます」ラストですが・・・
次回は結局そっちの問題になるでしょうね。
[ 2013/04/21 14:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

SROV - ボディーファーム
☆☆☆+ 著者:富樫倫太郎 販売元:中央公論新社 発売日:2013/3/23 内容(「BOOK」データベースより) 本性を隠し潜伏生活を送っていた“最凶の殺人鬼”近藤房子が再び動き出した。...
[2013/04/20 22:30] rokurokudo