2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.04.18 (Thu)

「ギフト」 日明恩



ギフト 日明恩

その少年に目が留まった理由は、ただ一つだった。こぼれ落ちる涙を拭おうともせずに、立ち尽くしていたからだ。それもホラー映画の並ぶ棚の前で。しかも毎日。-ある事件がきっかけで、職を辞した元刑事の須賀原は、死者が見えるという少年・明生と、ふとした縁で知りあった。互いに人目を避けて生きてきた二人。孤独な魂は惹かれ合い、手を結んだ。須賀原と明生は、様々な事情でこの世に留まる死者たちの未練と謎を解き明かしていく。ファンタジック・ミステリー(BOOKデータベースより)

た・・・たちもりめぐみさん。

はっ初めましてっ!!
ずっと名前が読めませんでした(爆)

でも、とても面白かった~(〃∀〃)

「死者が見える少年」というほんとーーーーーーにどこかで聞いたことのあるありきたりな設定でしたが、それでも内容が面白い。
少年はただ見えるだけで、事件を解決するのはおっさんのほうで。
というユニークと言えばユニーク。
死者が見える少年は、やっぱり少年だけあって駆け引きが出来ないというか、若さに乗じて突っ走る少年らしく、そこもまた面白かったです。

一応須賀原の正体を伏せた形で物語はスタートしていましたが、
読んでいるうちに帯を発見しまして・・・
(かりんトウさんは帯をたたんで本にしまうタイプの方。私は帯をそのままつけておくタイプ)
帯に須賀原の職業がハッキリ書いてて、帯にイラッとしてしまいました。
っていうか、BOOKデータベースにも書いてるっ!?
わたし、どこかで読み落としたのか??


・・・まぁ私は薄々気づいていたし、途中で発見したからまだいいものの、本文ではラストで明かされているのに、読む前から帯でわかってどーするんだー!
・・と、思ってしまいました。
帯め・・・

しかし、ラストの話は泣けた。
その1つ前の話が我がまま嘘つき女の話だったので、ギャップもあったかも。
この嘘つき女の話は、ひどすぎて逆に好き。
今まで社会人してきた中で、こんな女と出会わなかったことに神様に感謝しました(笑)
バカすぎてありえない。
最後の話で「馬鹿だなぁ~」と死んだ自分を思いそんなセリフを吐いていた少年がいましたが、比べ物にならない。
この嘘つき女は自分がバカだという事にすら気づかないんだから。
その徹底ぶりが逆にコミカルに見えました。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ     banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
08:20  |  その他た行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

表紙が自分好みだったので、この本は(珍しく)購入したのですが、
読んだのが結構前であまり内容を覚えていない・・・。

そういえば嘘ばっかりついている女の人いたなぁ。
普通なら腹立つんだけど、逆に憎めない感じでした(`^´)

たちもりめぐみ(日明恩)って読むんですね(今はじめて知った)!
すす |  2013年04月18日(木) 20:56 |  URL |  【コメント編集】

●>すすさん。

あの嘘ばかりの女性(圭子)はひどかったですね。
つくづく自分が幸せだと感じました(爆)
でも、みんながわかってて自分だけわかってないあたりに
哀れさも感じましたけどね。

私はいつも内容を忘れるので(!)たまーに再読するんですよ。
そうするとまた楽しめます(^^)
igaiga |  2013年04月19日(金) 08:56 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/1134-06e1e363

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |