2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.04.25 (Thu)

「19ーナインティーン-」 アンソロジー



19-ナインティーン-

19歳をテーマに、5人の人気作家が描く、彼女彼らの物語。(BOOKデータベースより)

【目次】
19歳だった(入間人間)/×××さんの場合(柴村仁)/向日葵ラプソディ(綾崎隼)/2Bの黒髪(紅玉いづき)/十九になるわたしたちへ(橋本紡)


メディアワークス文庫で活躍してる人たちだなーというのが最初の感想(橋本さんを除く)
個人的に好みなのは柴村仁さんの「×××さんの場合」です。
この話の毒が結構好き。

今回、入間さんと紅玉さんははじめましてでしたが、
入間さん、最初よー分からなかった。
最後のあの言葉がオチなのね。
そこまで行くのが結構・・・うだうだと・・・いえいえ(^^;)

紅玉さんの場合は少し「静」というかなんというか・・・。
柴村さんのあの攻撃性のあるような話のほうが好きだからなー。
まぁこういう作風ってわけでもないのかな?

綾崎さんは、性格のキツイ女のコが好きなのかな?
なんとなく前に読んだノーブルチルドレンを連想しました。

橋本さんは柴村さんの次に好きな作品でした。
会話が多かったというのが印象にありましたが、
こういう今と昔の19歳というのも好きですね。

私の19歳のころは・・・どうなんですかね~。
すでに働いていましたが、飽きもせず遊んでたよなというのが思い出です(^^;)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ     banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
08:48  |  アンソロジー  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/1133-8804a47b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |