igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「ビブリア古書堂の事件手帖4」 三上延



ビブリア古書堂の事件手帖 三上延

珍しい古書に関係する、特別な相談ー謎めいた依頼に、ビブリア古書堂の二人は鎌倉の雪ノ下へ向かう。その家には驚くべきものが待っていた。稀代の探偵、推理小説作家江戸川乱歩の膨大なコレクション。それを譲る代わりに、ある人物が残した精巧な金庫を開けてほしいと持ち主は言う。金庫の謎には乱歩作品を取り巻く人々の数奇な人生が絡んでいた。そして、深まる謎はあの人物までも引き寄せる。美しき女店主とその母、謎解きは二人の知恵比べの様相を呈してくるのだがー。(BOOKデータベースより)

読了後、乱歩が読みたくなります(。・ω・。)

読み終わったあと、「確か江戸川乱歩の本1冊あったな~」と思って本棚見ましたら、
「魔術師」という本がありました。
ダンナが買った本ですが、まだ読んでなくて~(ノ∀`)
この機会だから読みましょう。

それにしても、凄いな。
いろいろと。
ラストの2ページにわたる参考文献。
ここからこのストーリーを編み出しますからね。

久々に母親に会った時の妹のセリフが良かった。
「そのうち会いたいと思わなくなるようになり、私が母親を必要としなくなるかもしれない」などなどのセリフ。
いいセリフです(〃∀〃)
ザマーミロと思っちゃいました(。・ω・。)ゞ

乱歩というか少年探偵団シリーズはテレビで見てました。
小林少年が古川聡さん時代です。はい。
明智小五郎は確か加納竜だったよな~と思ってましたら、
その2人のキャスティング時代がきちんとあったようです(^^)
懐かしいです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ     banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
こんにちは。

本は読んでなくて剛力ちゃんのドラマを見てました。

「本を読めないなんてもったいない」というセリフに頷いてしまいました。
[ 2013/05/07 11:25 ] [ 編集 ]
>ヒコキチさん。
このドラマキャスティングでめちゃくちゃ揉めてましたよ~(ネットで ^^;)
最初から主役の栞子さんの性格が好きではないのですが(原作の方)
取り上げられる本がマニアックなのが面白いです。
結構ネタばらしもしているので「ここまでばらして大丈夫なの?」といつも驚いてます(笑)

あ。ドラマはこちらに限らず殆ど見ません(^-^;)
[ 2013/05/07 13:16 ] [ 編集 ]
ドラマは見ないのですが
これだけは古書に惹かれ見てました。
面白かったので本のほう(1巻目だけですが)も読みました。

乱歩の話はドラマでは最終話でしたが
乱歩コレクションが並ぶ本棚に見とれてしまいました。
[ 2013/05/07 21:52 ] [ 編集 ]
>面白半分さん。
この乱歩の本って全部実在するんですねーー!!
ドラマで取り寄せましたかしら??
なんとなく、そろわないだろうな~。
小説の中だけだろうな~なんて思ってしまってました(^^;)
あまりにもいろいろマニアックなものばかりだったので・・・
全部そろっているんだったら見たかったかも~。
[ 2013/05/08 06:49 ] [ 編集 ]
はじめまして
私もこの本を読みました。面白いですよね~。
そして栞子さんの母が失踪(?)した理由が、栞子さんの想像と違い、なんというか、もっと母娘で会話すればいいのに!って思っちゃいました。

でも栞子さんの妹さんのセリフ、いいですよね。結構あっさりしていて。きっと栞子さんがこだわっているから、あぁなったんだろうな。

また私は江戸川乱歩の本って読んだことがないけど、無性に読みたくなりました!紹介される本って、読みたくなりますよね。特にたんぽぽ娘が気になっております。。
[ 2013/05/09 12:07 ] [ 編集 ]
>ちょよさん。
コメントありがとうございます(〃∀〃)
紹介された本いろいろと読みたくなりますよね。
私は「時計じかけのオレンジ」が読みたいですね。
結構ネタバレしてていいのかと思う事もありますが、
読みたくなります。
栞子さんの性格がイマイチ好きじゃないまま読み続けているシリーズです(^^;)
その分妹好きかもー。
[ 2013/05/10 09:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する