igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「望月のあと」 森谷明子



望月のあと 森谷明子

紫式部が物語に忍ばせた、栄華を極める道長への企みとは?平安の都は、盗賊やつけ火が横行し、乱れはじめていた。しかし、そんな世情を歯牙にもかけぬかのように「この世をばわが世とぞ思う…」と歌に詠んだ道長。紫式部は、道長と、道長が別邸にひそかに隠す謎の姫君になぞらえて『源氏物語』を書き綴るが、そこには時の大権力者に対する、紫式部の意外な知略が潜んでいた(BOOKデータベースより)

好きなシリーズです。
私の源氏物語のバイブル(?)は「あさきゆめみし」と橋本治さんの「窯変 源氏物語」だけですが、十分楽しめます(^^)
紫式部の心境の変化によって物語が動き始めます。
今までは光源氏の華やかさばかりが目についてましたが、
物語がどんどんと暗くなっていく姿が・・・
藤原道長とのやりとりも登場し・・・ふむむ。なるほど。

最初、三章の「破」の意味というか、繋がりが分かりませんでしたが、ラストでこうつながる・・・ふむふむ。


元々「玉鬘」は好きな章なのです。
大体ここら辺りから(というかもっと前か)光源氏に対してイライラしていたので、一矢報いた感のある玉鬘に対しては「よっし!よくやった」とも思っていました。

「若菜」あたりになると紫の上が不憫になってしまって・・・
女三の宮はあさきゆめみし(漫画)の影響もあってバカっぽく見えるし(^^;)
うーーー。可哀想だーーと思っていたので光源氏の転落はザマーミロの世界なのです(〃∇〃)

まぁ物語としてこういう風に楽しめますが、紫式部の心境としてはどういうものがあったんでしょう?
もう少し続くシリーズみたいなので楽しみです(^^)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ     banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する