igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「私の家では何も起こらない」 恩田陸



私の家では何も起こらない 恩田陸

小さな丘の上に建つ二階建ての古い家。幽霊屋敷に魅了された人々の記憶が奏でる不穏な物語の数々。アップルパイが焼けるキッチンで殺しあった姉妹、床下の動かない少女の傍らで自殺した殺人鬼の美少年…。そして驚愕のラスト!ようこそ、恩田陸の幽霊屋敷へ。(BOOKデータベースより)

【目次】
私の家では何も起こらない/私は風の音に耳を澄ます/我々は失敗しつつある/あたしたちは互いの影を踏む/僕の可愛いお気に入り/奴らは夜に這ってくる/素敵なあなた/俺と彼らと彼女たち/私の家へようこそ/附記・われらの時代


文庫になったので再読。
でも・・・ハードカバーで読んだ時の感想と比べましたが、
大体一緒だった(笑)

大工の親子の話がよかった。
って・・・思い切り前回も書いているし。

それ以外は妙に怖いんです。
ホラー。
恩田さんチックなホラー。
怖いのは昔から少し苦手でしたが、最近はいろいろな本を読んだのでホラーの免疫もついてきました(笑)
近頃はなんでもオッケーです。
恩田さんのホラーながらちょっと怖いというか不気味というか・・・
薄気味悪いんです。
多分、死んでいる人たちが変に明るい(?)のが怖さを加速させているような。

だからこそ大工さんのお話が好きだったりします。

確かにその家で生きている人がいれば、そこ家で死んだ人がいる。
なるほど・・・・
我が家にもいるわね。
我が家は古民家だし。

うーむ。
そう考えると、いろいろと考えちゃいますね。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ    banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
こんにちは★
大工さんの話は素敵ですよね~。構わず工事していく大工さんが頼もしいです。
「私の家では何も起こらない」って、起こりまくりじゃないか・・・と思いながらビビッて読んだ記憶があります(*_*)
私は、子どものビンのお話がかなり怖かったです。
この本を再読できるigaigaさん、すごいです!!!!
[ 2013/04/04 11:51 ] [ 編集 ]
はじめまして、デデと申します。
私も読書が好きで、こちらのブログもたまに拝見させていただいております。
ホラーものは読んだ事がないのですが、たまにはいつもと違うジャンルも読んでみようかなと思いました。
[ 2013/04/04 17:34 ] [ 編集 ]
>さゆさん。
確かに(笑)
大工さん以外は結構怖いんですよね。
ビン詰うんぬんに関しては普通に不気味なんですけど・・・(^^;)
「私の家では何も起こらないんだから~」というあたりでもうすでに・・・ですよね(笑)
[ 2013/04/05 08:40 ] [ 編集 ]
>デデさん。
コメントありがとうございます(・∀・)
ホラーは結構苦手なのですが、たまーーーーーに読みたくなります。
でも、怖いですよね(^^;)
残虐だったりグロテスクものは平気なのですが・・・
心理的に怖いとヒヤっとしますね(笑)
また遊びに来てくださいね~♪
[ 2013/04/05 08:42 ] [ 編集 ]
こんばんは
古い記事に失礼します。
恩田さんは、以前はずっと読んでいたんですが、この作品を機に、いったん卒業しました。
ちょっと、あの世界観から離れたいと思って…
恩田さんの作品は、怖いというか…不気味ですよね。
ああいう家で、平然と暮らす神経が、ホラーです。
[ 2013/05/14 19:57 ] [ 編集 ]
>chikuraさん。
いくらでも古くてオッケーです。
っていうか嬉しいです(^^)
恩田作品は殆どブログ友のかりんトウさんからお借りしている状態で、
最初は私も恩田さんの世界観に慣れてなかったのですが、慣れてしまった今となってはどうラストを締めくくるのか。風呂敷たたむのか気になってます(笑)
まだ読んでない本が1作ありますのでそちらも楽しみです(^^)

確かにあんな家で平然と暮らすあたりがもう普通じゃないですもんね。
[ 2013/05/15 08:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する