igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「果てしなき渇き」 深町秋生



果てしなき渇き 深町秋生

元刑事・藤島秋弘のもとに、失踪した娘の加奈子を捜してほしいと、別れた妻から連絡があった。家族とよりを戻したいと願う藤島は一人、捜査に乗り出す。一方、三年前。中学生である瀬岡尚人は手酷いイジメにあっていた。自殺さえも考えていたところを藤島加奈子に救われる。彼は彼女に恋をし、以前、彼女がつきあっていた緒方のようになりたいと願うようになるが…。二つの物語が交錯し、探るほどに深くなる加奈子の謎、次第に浮き彫りになる藤島の心の闇。用意された驚愕の結末とは-?『このミステリーがすごい!』大賞第3回受賞作。(BOOKデータベースより)

これほど主人公に共感できない本も珍しく、ずっと

「藤島くたばれ!!」

と、思いながら読んでました(笑)
なんかすごくイヤなヤツなのです。
女なもので、女視点で読みましたが、きっと男性も読んでて共感できないと思う。

「失踪した娘の行方を探す」という元刑事。
最後の解説によれば100万回使い尽くされた古いネタだそうですが(笑)
藤島にはそこに正義を感じないというか・・・
悪のヒーローというワケでもなく。
そもそもヒーローなんかじゃなく・・・
なんだろう。
失踪した娘の部屋に覚せい剤が置いてあって、
何のためらいもなく自分も使う(--;)

誰かなんとかしてーーー。

読んでて本当に救いようのない1冊。
まぁそれもこれも藤島が悪いんだけど。
何というか何というかな1冊。

これを読んでいるとガンテツ@誉田哲也さんの姫川シリーズ の方が可愛げあります。
ほんと(・∀・)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ    banner (1)
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
昨日この本を読みまして感想をブログにupしたところです
igaiga様ならすでに読んでいるのではと思い、検索したらやはり読んでいた!さすがです(>_< )
うれしくて思わず昔の記事にコメントです

ガンテツには信念や筋が感じられて暴力や違法な事もかっこよかったです!
しかし、この作品はうーんでした(;;)
[ 2013/05/21 23:19 ] [ 編集 ]
>猫科とらねこさん。
ありがとうございます(〃∀〃)
過去記事いくらでもオッケーです。
っていうか、過去までさかのぼってくれるってとてもありがたく感謝の心でいっぱいです。
しかし・・・この男サイテーでしたよね。
読んでて腹が立ちました(--;)
しかし、深町作品は結構好きなので今後も読んでいきたいです(^^)
[ 2013/05/22 08:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する