igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「ノーブルチルドレンの断罪」 綾崎隼



ノーブルチルドレンの断罪 綾崎隼

美波高校の『演劇部』に所属する舞原吐季と、『保健部』に所属する千桜緑葉。決して交わってはならなかった二人の心が、魂を切り裂く別れをきっかけに通い合う。しかし、奇妙な暖かさに満ちていた二人の幸福な時間は、長くは続かなかった。仇敵である舞原と千桜、両家の執拗な糾弾が勢いを増していく。そして、二人の未来には、あまりにも重く、どうしようもないまでに取り返しがつかない代償が待ち受けていて……。ポップなミステリーで彩られた、現代のロミオとジュリエットに舞い降りる、儚き愛の物語。悲哀と遺愛の第三幕。(BOOKデータベースより)

緑葉と歩夢の真の関係が分かります。
なるほどーーー。
緑葉の無条件の歩夢に対する信頼はそういう事だったのか。
でも、緑葉の掃除洗濯をする歩夢はイマイチありえないとは思うのだけど。

1巻で登場していた猫の死骸がまた再登場。
なんか、よく漫画とか小説でも嫌がらせをするために猫の死骸を
用意するシーンがあるけど、猫好きの私にはつらいシーンです。

だんだんと緑葉に心を許していく吐息ですが、
あちこちで「不幸フラグ」が立ってます。
これは最終巻に向けて不幸のラストスパート!?

なんて思っていたらラストに衝撃が。
おぉ・・・そういう展開になっていったのか。
ちょっと面白い。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ  banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
こんばんは~(*^ー^)ノ
先日、本をお借りしてからなぜか本を読めてないです(T-T)
なんでだ?
というか春眠暁を覚えずってやつですかね?
本を開くと眠くなっちゃう(≧д≦)
もう少し我慢できたら波に乗れそうなのに…クゥッ
ホントに長くお借りしちゃうかもしれません( ̄Д ̄;)
[ 2013/03/28 20:03 ] [ 編集 ]
>かりんトウさん。
いくら長くても全部読んだ本なので平気ですよ~(・∀・)
私は明日あたりからスタートです(^^)
家の本も読みましたし(上下巻のぞく)
これからどっぷりかりんトウさんの本に
はまりますね~。
[ 2013/03/29 08:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する