2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.04.02 (Tue)

「論理爆弾」 有栖川有栖



論理爆弾 有栖川有栖

南北に分断され、探偵行為が禁じられた日本。空閑純は探偵を目指していた。彼女の両親は名探偵として活躍していたが、母は事件を追い行方不明となり、父は殺人事件の推理をした罪で逮捕され、裁判を待つ身となっている。失踪した母の足跡をたどり、純は九州の山奥にある深影村を訪れた。だが、テロにより村に通じる唯一のトンネルが破壊され、連続殺人事件が発生!暗躍する特殊部隊、蠢く陰謀、蔓延るコンピュータウイルスー論理爆弾!少女は探偵の業をその身に刻み、真実と対峙する。(BOOKデータベースより)

決して面白くないワケではない。
でも、・・・飛び上るほど面白いワケではない・・・(。・ω・。)
そんな微妙なシリーズも第三弾です。

本格推理じゃないのよね。
本格じゃないんだけど、「探偵」を禁じられている現在、「探偵」になろうと奮闘する17歳の女の子の物語なんだけど・・・・

今まで結構有栖川さんの本を読んでいきましたが、
アリスシリーズみたいに、男同士の快活な会話みたいなのがないこのシリーズ。
静かに動きすぎてちょっと微妙・・・
アリスシリーズだとすぐに読んじゃうのに、
ソラシリーズだとこうして3か月近くも寝かせてしまったという・・・(笑)

しかも続くし(;´Д`)

どういう結末になるのか。
あわよくばあと2冊くらいで完結してもらえれば・・・

あ。カラーは緑と黄色かな。
今回はとてもきれいなピンク(*^^*)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ  banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
08:04  |  有栖川有栖  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/1077-09f26925

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |