2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.03.02 (Sat)

「珈琲店タレーランの事件簿」 岡崎琢磨



珈琲店タレーランの事件簿 岡崎琢磨

京都の小路の一角に、ひっそりと店を構える珈琲店「タレーラン」。恋人と喧嘩した主人公は、偶然に導かれて入ったこの店で、運命の出会いを果たす。長年追い求めた理想の珈琲と、魅惑的な女性バリスタ・切間美星だ。美星の聡明な頭脳は、店に持ち込まれる日常の謎を、鮮やかに解き明かしていく。だが美星には、秘められた過去がありー。軽妙な会話とキャラが炸裂する鮮烈なデビュー作(BOOKデータベースより)

世間で言われているほど面白くなくはなかった。
・・・面白かったってことです(*--*)

よく「ビブリア古書堂」と比較されているみたいですが、
別に似てないし、私、栞子さんの性格好きじゃないので
こっちのほうが良かったくらいです。

私自身、真実ちゃんみたいなものでコーヒーの味も何もわかりません。
ひたすらブラックで飲みますが、どちらかといえば紅茶党です( ̄∇ ̄*)ゞ

これを読みながら「コーヒーっていうのはいったいどういうのが美味しいんだろう?」と、思いながら読みました。

メールアドレスが「ブルーマウンテン」→青山
「ギャーー!!」(笑)
なんかありがちだ。

ただ、相変わらず相変わらずいつも言いたいのですが・・・

「このミス?!」

もう、お約束です。
この本は「隠し玉」としての受賞みたいですが、

隠すなよ。

これも毎回言ってます(笑)
最近はあまりこのミスも読まなくなってきたのです(^^;)
なんか、ミステリーじゃないのがほとんどなので。

ミステリーというより日常の謎。
そんな感じの1冊。
読みながら多少「ストーカーきもっ!!」と思ったりしましたが、
基本的に読了感の良い1冊になりました。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ    banner (1)
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
06:54  |  その他あ行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/1069-37430121

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |