2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.03.31 (Sun)

「INNOCENT DESPERADO」 綾崎隼



INNOCENT DESPERADO 綾崎隼

好きな人が好きな人を、強がりではなく好きになれたら良いー。青春時代に翻弄される四人の少年少女は、かけがえのない存在を守るために、日常からの『家出』を決意するのだが…。舞台化もされた傑作恋愛小説『蒼空時雨』より遡ること10年。高校生だった紀橋朱利は、友人との逃避行の果てに何を見出し、何を失うのか。トイズファクトリーのアーティスト・秋 赤音とのコラボで綾崎隼が紡ぎ出す。ロックで彩られたセンチメンタル・ラヴ・ストーリー。

【目次】(「BOOK」データベースより)
antinotice-牧島凪沙前篇/花弁ー高見澤凛乃前篇/Flashback-千桜爽馬/knock yourself out-牧島凪沙後篇/enough is enough-高見澤凛乃後篇/paradise in the prison-紀橋朱利


泣けた~・゚・(ノД`;)・゚・

ラストの紀橋朱利の章なんて最初から最後まで泣いてました。
「だろうな」とは思っていたのですが、
予想以上の展開に、なんとなく辻村深月の「スロウハイツの神様」とダブった。
お前はチヨダ・コーキか
と、思いつつウルウル・・・(;_;)
器用なんだか不器用なんだかよく分からんヤツです。

最初の雰囲気からして凪沙がもう少し登場するかと思いきや、
彼女の存在は本が進むにつれ小さくなってました。
ひたすらに凜乃がメインだったな。
しかし、爽馬みたいな人いるんだね~。
こんな裏表もない爽やか系。
うーーん。不思議だ。
そういわれると彼が一番不思議かもしれない。

作者の綾崎さん、全体的にプラトニックねーーー。
高校生だけで泊まっているのに、なぜ君たちは清く正しく美しいのだ?
そう考えるひねくれモノです。スミマセン・・・
誰からもそういう気配みたいなのが感じられず、
小学校の臨海学校じゃないんだから・・・。
まぁ誰でも手に取れるってことで大丈夫ですね(^^)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ     banner (1)   
ランキング参加中です。押していただけると励みになります
関連記事
08:47  |  綾崎隼  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/1063-c7e2c54f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |